大学生で車持ちはモテる?本当に必要かどうか考えてみよう。

 

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

 

車は速くて快適でどこに行くにも便利な乗り物です。

ちょっとアクセルを踏めば60kmも出ますし、屋根があるので雨に濡れることもない。夏は冷房、冬は暖房で気温に左右されることもない。

好きな音楽やラジオを聞いたり、友達の話したり。

閉鎖空間なんで第2の部屋と言われることもありますね。

 

僕は大学に入ってすぐ免許を取って親の車を使っていました。でも両親共働きで車が使えないことが多々あり、ついに大学2年の時に自分専用の車を買いました。

今までとは違って自分の好きな時に自由に車を使うことが出来るようになりました。

そして自分の車を手に入れたことによってたくさんのメリットを感じました。そして同時にいくつかのデメリットも感じました。

 

なので今回は車を買おうか悩んでいる大学生に向けて本当に車が必要かどうか、メリットとデメリットを紹介しながら考えていきましょう。

 

車を買わない、買えない理由

大学に上がって免許を取れる年齢になり、バイトをする時間がたくさんある。

そして遊びに行く時間もたくさんある。

 

だから大学に入って車が欲しい、車を買いたい、って思っている人はたくさんいると思います。

そんな人たちがなぜ車が買えないのか。それは

 

お金が掛かるから

 

この一言に尽きます。

お金が掛からなければ99%の大学生が車を欲しいと考えることでしょう。

 

でもあなたは本当に車にかかるお金を知っていますか?

実際に車を買って、すべての費用を自分で賄っている僕が車にかかるお金について思うことを紹介していきます。

中古軽自動車にかかるお金は思ったよりも少ない

車を買うのを躊躇している理由としては基本的に金銭的な問題だと思います。

ですが僕が購入してみて思ったのは意外と大学生でもなんとかなるんだなということです。

車本体の値段

中古車とは言えど、大学生の間ずっと乗り続けれる車を買うためにはそれなりに時間をかけてお金を貯めないと厳しいです。

そして値段は

  • 車の年式
  • 走行距離
  • 車種の人気
  • オプション付きかどうか

などによって変動します。

大体6万km~10万kmの車が状態的にも値段的にも無難で大学生向けだと言えるので、この距離の軽自動車の価格帯を調べてみました。

ワゴンR

ガリバー中古車検索より

  • 価格:34万8840円
  • 年式:2005年
  • 走行距離:78000Km

人気車種、ワゴンRは約35万円です。12年落ちですが走行距離はまだまだ少ないほうで大学の4年間なら全然乗れる車です。

モコS

ガリバー 日産 モコ Sより

  • 価格:19万8000円
  • 年式:2009年
  • 走行距離59000Km

先ほどのワゴンRより人気が無いため、走行距離、年式共に良い商品だが価格が安い。

車種を選べば良い状態のものでも安く買うことが出来るのです。

もっと下の価格帯を見てみよう。

ムーブ ラテX

ガリバー ムーブラテXより

  • 価格:9万8000円
  • 年式:2004年
  • 走行距離:97000Km

ついに10万円を切りました。車種も色も選ばなければこんなに安く買うことが出来るんですね。

もっと下の価格帯もあるのですが年式がかなり古かったり、事故車だったりするので今回は紹介を控えておきます。

 

中古車に必要な維持費

月々のガソリン代

僕はバイトへの通勤と買い物で車を使っています。

平均して毎月300km以上走っています。

これだけ走ってもガソリンは月に1、2回なので出費は3000~7000円ほどになります。

車にかかる税金

軽自動車を購入した場合、軽自動車税というものが課せられます。

こちらが年間7000~12000円ほど(車の状態によって変わります。)

自動車保険料

保険料は21歳未満の方はかなり高額で毎年10~15万。保険会社によってはそれ以上の場合もあります。

親の等級を貰ったり、親が保険に入って年齢制限を下げるなどなどいろいろ工夫の仕方があるのですがパターンが多すぎて分かりにくいので大手会社のSBIの保険一括検索サービスがおすすめです。

最短5分、最大21社の見積もりが1度に行えるので、手軽に各会社の保険を比べることが出来ます。

見積もり申し込みは無料なので試しに見積もってみましょう。


駐車場代

これは住んでいる地域などによって大きく変わってくるので何とも言えないですが大体1万円くらいにしておきましょう。

車検代

車検は新車のみ登録から3年後、以後は2年ごとに車検を受ける必要があります。中古車は全て2年に1度ですね。

車検はディーラー(車を購入した場所、メーカーの販売所)やカー用品店(オートバックスなど)などなどいろいろな場所で受けることが出来ます。

そして場所によって値段も〇万円単位で変わってくるので自分の近くの車検が出来る場所を当たって見ましょう。

大学生はローンを組めるのか?

 

しゅんてん

維持費は何とかなりそうだけど、やっぱり車両代が高いなぁ

一応大学生でもローンを組むことは出来るのですが個人的にはあまりおすすめしていません。

やっぱりローンだと利子がついてしまって、ただでさえお金が無いのに余計にお金を払わなきゃいけないのはもったいないと思います。

一番利子の低いローンが銀行の自動車ローンで年率1~3%くらいと言われています。

その分、審査に時間が掛かったり、審査が厳しかったりします。

1番簡単に審査が通るのが自社ローンで、駐車販売店が独自に提供している自動車ローンのことで、こちらは大学生でも簡単に通ります。

ですがその分、利子が10%を超えることもよくあるので利子だけでかなり取られてしまいます。

 

まずは身内にお金を借りれないか聞いてみて、借りれたら一括で支払い、利子無しで地道に返していくのが1番だと思います。

そんな身内がいない、身内に迷惑を掛けたくない、と思う方もいらっしゃると思いますが、そこは恥を捨てて頼み込みましょう。

それだけで節約になるなら安いものです。

車がもたらすデメリット

車を買うのにお金が掛かる

車を維持するのにお金が掛かる

買い物に行く回数が増えてお金が掛かる

遊びに行く回数が増えてお金が掛かる

彼女が出来てお金が掛かる

くらいですかね・・・。

大学生が車を持つメリット

移動が楽になる

移動が楽になる。これは僕たちの生活においてとてもとてもとても大きなメリットです。
例えば、遊びに行く時、バイトに行く時、学校に行く時、買い物に行く時、何においても楽に移動が出来ます。

バイトに行く前に自転車乗って疲れたくないですし、バイト終わりの疲れた状態で自転車に乗るのは大変です。

買い物に行く時も車があれば重い物を買えますし、多少遠くても行く気になれます。

つまり車があると

バイトを頑張れる→お金が稼げる→買い物に行く→好きなものを買える→バイトを頑張れる

という最強のサイクルが出来るのです。

私生活が充実すれば自然と勉強も恋愛もうまく行くようになると思います。

 

自分だけの空間

僕は車を第2の部屋だと思っています。閉鎖されていて外の世界とは壁があってうまく言えないですが居心地がいいんですよね。僕だけかもしれませんが(笑)

好きな音楽をかけて口ずさみながら買い物に行ったり、遊びに行ったりするのは気持ちがいいです。

買い物から帰ってきて駐車場に止めて家のWi-Fiを拾ってYoutubeを見て過ごす時間も個人的には心地いです。

よくわかりませんが車LOVE。

 

大幅に時間を短縮できる

先ほど言った移動が楽になると似ているのですが、移動にかかる時間がか・な・り短縮できるので使える時間が増えるのです。

例えばバイトに行く時。自転車で行くと片道15分かかるとして車だと7分で着くとします。

そしたら往復で16分自由な時間が増えます。これが月に10日あるとすると毎月+160分

 

年間で+1920分です。時給900円換算だと+28800円です。

車によって時間が短縮できる場面はもっとあるので実際の効果はもっともっと大きいです。

 

こうやって考えてみると車にかかる費用も時間の短縮分を考えるとむしろ特になるのかもしれません。

結果買うべきか買わないべきか

車は人気車種を避けて中古車を選べば買えない値段ではありません。日頃大学生が買う服を何回か我慢すれば簡単に買えちゃう値段です。

服を何着か我慢するだけで時間を有効に使えて友達との思い出も増やせる。
こんなにコストパフォーマンスが高いのは車だけではないでしょうか?

車は大人になってからも必要です。頑張ってお金を貯めてちょっと良い車を買うのもいいですし、大学生の間に乗りつぶす気で安いものを買ってもいいです。

 

とにかく車は最高です。買いましょう。

 

バイバイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です