雨の日でもおしゃれに!メンズコーデ考えてみた。

 

 

しゅうてん

どうも。しゅんてんです。

 

大学生にとって雨って強敵ですよね。

最寄駅から大学まで歩いてるときに傘をさして歩くのも嫌だし、雨に濡れるのなんてもっと嫌です。でも傘を差してても少しは濡れてしまいますし靴に水がしみ込んできたり・・・

しゅんてん

うあああああああ雨嫌いだああああああ

かといってタクシーで学校に行くわけにもいかないし・・・。

そこでちょっと考えてみました。

雨の日でも快適なキャンパスライフを送るためにはどのようなコーディネートをすればいいのか。

 

雨に濡れない方法はない

f:id:shuten123:20171021134541j:plain

雨に全く濡れないためには室内で何かの乗り物に乗って、室内で降りるくらいしないといけませんが無理ですね。

ちょっと濡れるだけで済むならタクシーを使うなどもあります。ですが毎回タクシーで行くわけにはいきません。

そうなったとき濡れない方法ではなくて、濡れても大丈夫な方法を考えるのが現実的です。

 

濡れても大丈夫になるには

濡れても良いコーデというのは濡れても問題ないコーデともいえます。

例えば、濡れても濡れているのか分かりずらい色。濡れても染みにくい素材。

そういったものが雨の日に適しています。

濡れても良い服

例えばグレーは濡れたときに目立ちますね。こんな感じに。

f:id:shuten123:20171021135857j:plain

じゃあカーキの起毛トレーナーだったら

ちゃんと濡れてますが全然目立っていないですよね。

f:id:shuten123:20171021140207j:plain

黒スキニーも全然目立たないです。

f:id:shuten123:20171021140406j:plain

こちらはポリエステル100%のライトアウター。水を弾いてくれます。

f:id:shuten123:20171021140642j:plain

いくつか例を出しましたが僕が1番おすすめするのは水を弾く素材の服でコーデを組むことです。

目立ちにくい素材、色の服でもおしゃれに着こなすことが出来るのですが目立たないだけでしっかり濡れているのでおしゃれさはあっても不快さは拭えません。

1番おすすめするのは水を弾くナイロンやポリエステルの素材の服だと言えるでしょう。

マウンテンパーカーなどはファッション性も機能性も高くばっちりですね。

雨の日の靴

雨の日で1番気になるのは靴ですよね。

うっかり水溜りに入ってしまったらびしょびしょですし、ちょっと地面が濡れているだけで歩いているうちにつま先から濡れていきます。

靴下まで濡れてしまったらその日のうちは乾きませんし本当に嫌な気分です。

大事な靴だからこそ水を弾く素材の靴が重要になります。

 

靴もナイロンやポリエステルの防水性の高い素材を選びましょう。

 

こちらはナイキのタンジュン。アッパーの部分がメッシュになっているので通気性は良いですが雨の日は最悪です。一瞬で靴下までびしょびしょです。

f:id:shuten123:20171021141632j:plain

続いてこちらはコンバースのオールスター100 MAナイロンです。

アッパー素材がナイロンで出来ているため水を通しません。

ちょっとした水溜りに足を突っ込んだ程度では水が中に入ってくる心配はありません。

お気に入りのコンバース 【オールスター100 MAナイロン Z HI】

 

雨の日コーデで気を付けること

濡れても目立ちにくい色でのコーデ

濡れても目立ちにくい色ばかりでコーデを組んだ時、全体的に暗いコーデになってしまいますね。

 

確かに雨のイメージ的には暗い感じがするので全然おかしくはありませんが、ちょっと色を使いたいなって思うかもしれません。

そんな時はモノトーン+差し色のコーデをおすすめしています。

 

まずモノトーンは濡れても目立ちにくい色ですね。なのでトップス、ボトムス、シューズはモノトーンが良いと思います。

ですがそれだけだと味気ないので小物で差し色をしていきます。

靴下で差し色してみる

靴下屋には可愛い靴下がたくさんあるので要チェックです!


傘で差し色してみる

個人的には傘で差し色することをおすすめしたいです!

なぜかというと、傘は雨の日にしか使えないからです。出番が少ないからこそ、使える時はしっかり使ってコーデを楽しみたいからです。

 

しゅんてん流 雨の日コーデの決め方

僕が雨の日のコーデは靴→カバン→トップス→ボトムス→時計の順番で考えます。

まず靴は絶対に濡れたくないのでコンバース履くことが多いです。

そしてカバンは、雨の日は傘を差すので片手が空くようにリュックを使うことが多いです

トップスはマウンテンパーカーやステンカラーコートを合わせます。

アウターは暗めの色が多いのでインナーには色がついてるものやボーダーなどを合わせます。

ボトムスは黒スキニー。靴下はトップスと同じ色のもの。傘は緑色のものを使っています。

小物にメガネやブレスレット、腕時計を雰囲気に合わせて決めます。

 

これが雨の日の鉄板コーデです。どうしても雨の日に履きたくない靴、服があってコーデは限られてしまいますが、小物をうまく使ってマンネリ化を解消しましょう。

バイバイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です