40万貯めた男が教える金欠学生におすすめの貯金方法

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

 

あなたはどのくらい貯金がありますか?

 

 

マイナビさんのアンケートによると・・・

 

第1位 0円 69人(17.2%)
第2位 10万円 49人(12.2%)
第3位 5万円 44人(11.0%)
第4位 1万円 34人(8.5%)
第5位 30万円 22人(5.5%)

マイナビより

 

第一位はまさかの0円。みなさんもっと貯金をしましょう(笑)

 

 

 

 

ちなみにしゅんてんは大学に入ってから2年生の夏までの1年4カ月ほどで0万円貯めました。

しかも40万円の車を購入した後なので実質70万円ほどですね!

 

 

がっつり遊びながらも しっかりお金を貯めれたしゅんてんの貯金方法を本邦初公開します。

 

 

大学生の金欠の原因

homeless-man-2653445_640.jpg

 

大学生はなぜすぐに金欠状態に陥ってしまうのか。

 

バイトをしてないから?

高いものを買っているから?

買い物に行きすぎているから?

 

 

確かにどれも重要な原因ですが本質はもっと深いところにあります。

 

それはズバリ計画性の無さが原因だと思います。

 

 

欲しい服があったらすぐ買っちゃう。

飲み会大好きで誘われたらすぐに行ってしまう。

男気ジャンケンで男気を見せてしまう。

 

大学生は何かとお金を使いがちで金欠に陥りやすいかもしれません。

 

ですが日頃からしっかりとした貯金を作っておけば多少の出費があったとしても金欠になることはありません。

 

 

なので今回は計画性のある貯金の方法を考えてみましょう。

 

計画性のある貯金を考えるうえで

ニトリ本

 

僕はかつて似鳥さんの会社でアルバイトしていたのですが休憩室にこの本が置いてありました。

 現ニトリ会長でニトリの設立者でもある似鳥昭雄会長が1代で年間売り上げ4000億円を突破したニトリを作り上げるまでの道のりを書いた本です。

 

 

似鳥会長は学生時代全く勉強が出来なくて高校は裏口入学をしたことや、当時の日本で家具屋を創業することの難しさ、成功するために必要なこなどが書かれていました。

 この本の第2章のタイトルに

 

ビジョンがあるから成功できる』

将来のある時点でどのような発展を遂げていたか、成長していたいかなどの構想や未来像。コトバンクービジョンとは

という部分がありました。

これは貯金にも言えることで貯金に目的を持たせることが必要だと思います。

 

ビジョンがあることで今自分がどれだけバイトをすればいいのか。

そのうちのいくらを貯金すればいいのか。

どれくらいのペースで貯金すればいいのか。

 

一目瞭然です。

是非貯金にもビジョンを持って取り組んでみましょう。

 

 

 

例えば、4か月間でお金を貯めようと思った時

いつか使うだろうから毎月2万円づつ貯金しよう!

 

よりも

韓国旅行に行きたいから10万円貯めよう!

 のほうがやる気が出ませんか?

 

 

40万円貯金したい場合

50万円貯めたら10万円のテレビを買う!!

このように金額を決めて、達成したときに自分へのご褒美があればかなりやる気になると思います。

 

支出と収入をしっかり計画しよう

 

貯金に目的を持たせたら次はどうやって貯金をしていくか。

次は年間の支出と収入を。更には何にいくら使うのかまで詳しく計画していこうと思います。

 

支出の計画

1年間の中で、いつ・いくら必要なのか書きだしてみましょう。

僕の場合は

 

春休みは旅行に行きやすい気候!だから旅行に行こう!!

2~3月春休み 旅行、遊び、諸々で20万円~

夏休みは暇だし旅行に行こう!だから旅行に行こう!!

7~8月夏休み 旅行、遊び、諸々で20万円~

服買ったりご飯いったり・・・

食費、交際費などの生活費月4~6万円  

 

20万円+20万円+5万円×10カ月

で年間90万円~100万円くらい必要だと計画しました。

 

 

収入の計画

 

支出の計画がある程度できたら次は収入の計画を立てます。

春休みと夏休みで必要なお金は40万円です。40万円を貯めるためには月々約3.5万円貯める必要があります。

 

まず夏休みに向けて4月~7月の4ヵ月で20万円を貯めましょう。

20万円÷4ヵ月=5万円

 

1ヵ月あたり平均5万円の貯金+生活費4~6万円だとすると

毎月9万円~11万円の収入が必要です。

 

それに合わせてバイトのシフトを組みましょう。

 

バイト以外の収入はこちら☟

 

 

最後にまとめ

 

長くなりましたがまとめると

 

  • 長期的な期間での支出の計画を立てる
  • 支出に必要な収入計画を立てる
  • バイト頑張る
  • 貯金に目的を持たせる
  • 支出計画を意識して生活する

です。是非この方法で金欠を解決、対策してみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です