金欠大学生は必死に稼ぐよりも節約しよう。

名前

どうも。しゅんてん(@shunten123)です。

 

あなたはお金は好きですか?

僕はお金大好きです。どれだけたくさんあっても僕は平等に愛す自信があります。

きっとあなたも同じ気持ちでしょう。

 

それではお金が欲しい時、あなたはどうしますか?

きっと大半の人がバイトをたくさんすると答えると思います。

ですがその答えは正しいとは言えません。

 

金欠の時に本当に必要なのはバイトをすることではなく、節約をすることです。

ではどのように節約するのか具体的に説明していきたいと思います。

 

節約するべき金欠大学生の特徴

今回紹介するおすすめの節約方法を特にするべき金欠学生の特徴は

  • 常にお金が無いと言っている
  • 貯金が出来ない
  • ちょっと高い欲しいものがある
  • いくらバイトしてもお金が溜まらない

 

8割くらいの大学生が当てはまるのではないでしょうか?

それではこれらのことが1度に解決できる夢の方法を教えます。

 

お小遣い帳をつけよう!

お小遣い帳なんてめんどくせぇ~って思う方も多いと思いますが、金欠になるような人が苦労無しに金欠から脱することはできません。

僕も最初は三日坊主でしたが何度もやり直してやっと習慣化できました。

 

僕が使っているお小遣い帳アプリはこちらの「らくな家計簿」

iTunes     GooglePlay

その名の通りシンプルで使いやすく、更に機能性もしっかりしている素晴らしいアプリです。

今回はお小遣い帳の付け方と効果について紹介するので自分が使いたいアプリがあればそちらを使ってください。

 

支出のカテゴリ分けをしよう

節約をするときに大切なのは何にいくら使っているのかしっかりと把握することです。ただただ月の支出を見ているだけでは何を改善していいのかわからないです。なのでカテゴリ分けは苦にならない程度に細かく分けましょう。

僕の場合)

  • 食費(朝食、昼食、夕食、学校ご飯、軽食、バイトご飯)
  • 買い物(コンビニ、衣服、Amazon、100均、日用品、その他)
  • 娯楽(カラオケ、ボウリング、映画、旅行)
  • 共用財布(彼女)
  • その他
  • 車(ガソリン、高速、その他)
  • 交通費(電車、タクシー、バス)
  • 必要系(歯医者、美容院、携帯代、その他)
  • ペット
  • 投資

()の中は子カテゴリです!僕はこれだけ分けていてそれぞれの支出を出しています。

学生におすすめするのは食費カテゴリの中に学校ご飯とバイトご飯を入れることです。これは学校に行った日の昼食や小腹が空いたときに買ったモノの支出とバイトの休憩時間に食べた物の支出になります。

意識してないとなかなか気づけないのですが、バイトや学校での食費ってかなり大きいんですよね。

ちょっとした弁当と飲み物を買ったら500円、600円は軽く超えてしまうと思います。それを学校とバイトで繰り返していくと月々1~2万円は行ってしまいますからね。

 

カテゴリ分けによって無駄が見える

お小遣い帳を付けて1週間続けましょう。できれば1か月がいいですが最初は中々続かないと思うので1週間だけ頑張りましょう。

1週間続ければ食費の面での無駄が出てきます。

先ほども言いましたが、特に学校に行った時の食費、バイトに行った時の食費は1週間に何度も発生するので金額がもろに出ます。

ちなみに実家暮らしの学生の1カ月の食費の平均は15431円だそうです。いえらぶキャンパスより

なのでみなさんも月16000円くらいで収まるように意識してみましょう。

僕の場合はピーク時は買い物と食費合わせて5,6万円いってました。最近はかなり抑えていますが16000円はなかなか難しい・・・(笑)



貯金できない人のための貯金方法

貯金は確かに難しいです。欲しいものはたくさんありますからね。でも欲しいものを少し我慢すれば貯金をしながら欲しいものを買い続けることも出来ます。

その方法を紹介していきます。

 

まずは目標を決めよう!

何事も目標があるほうがやる気が出ます。

欲しいものがある方は具体的に何円の何が欲しいと決めましょう。

僕の場合)
29160円のパタゴニアのフリースジャケットが欲しい!!

 

こんな感じで目標を決めましょう。

 

いつまでに達成するか

目標を決めたら次はいつまでに達成するのか決めましょう。期間を決めないとどんどん伸びたり焦りも出なくなるので絶対に決めましょう。

目標は自分が達成したいタイミングに合わせればいいので、すぐに達成したい方はちょっと厳しめの期間で、ゆっくりの方は余裕をもった期間設定にしましょう。

僕の場合)

11月25日から2月25日までの3か月間で29160円貯める。

 

具体的な貯金のぺースを考える

目標と期間が決まれば、どれくらいのペースで貯金をすれば間に合うのか計算することが出来ます。

まず貯金が出来ない人に多いのが、遊んだり買い物して残ったものを貯金と考えている方。自然と貯金が出来ない人はこの方法ですと一生溜まりません。

貯金をするうえで重要なのは

給料をもらったらすぐに貯金すること

です。給料を使った後に貯金するのではなく、貰った瞬間にいくら貯金するのか決まます。

目標金額と期間から1回の給料でいくら貯金すればいいのか計算し、給料をもらったらすぐにその分を貯金に回しましょう。

 

必ず貯金用の口座を持とう

僕がおすすめしたいのが給料が振り込まれる口座と別に貯金用の口座を持つこと。使っていない口座があればそちらを使いましょう。

なぜ貯金用の口座があると良いかというと、給料が振り込まれる口座と一緒にしておくと通帳を見たときに貯金している分も含まれた金額が表示されますよね。

そうなるとやっぱり心が油断してしまい無駄使いをしてしまったり、次の給料を多めに貯金すればいいやとなってしまうのです(実体験)。

本当に次の給料を多く振り込める意志の強い方ならいいのですが、そんな人は自然と貯金できるはずです。

必ず給料が入ったら貯金用の口座に必要な分を入金して、その通帳のカードや通帳は持ち歩かず、引き出しの奥にしまっておきましょう。

 

節約しつつ支出も増やしたら最強

色々書いてるので見てみてください!

大学生がNAVERまとめでお小遣い稼ぎをしてみた

経済学部生が仮想通貨で一獲千金を目指す!

元ビックエコー店員がカラオケバイトの仕事内容全て教えます!

 

それではこの辺で。バイバイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です