【1年半で40万円貯めた】大学生におすすめの節約方法!

 

 

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

大学生になってバイトに充てれる時間が増えて高校生のころとは自分で使えるお金の額がどーーんと増えたと思います。

収入が増えたのはいいのですがそれに伴い出費もかなり増えたと思います。

お昼休憩にご飯を食べにったり、授業後に飲みに行ったり、空きコマを使って買い物に行ったり。とにかく今までよりもお金も時間も自由になったのでやりたいことがたくさんです。

 

あなたはちゃんと貯金をしていますか?

 

遊びすぎて給料日前はいつも金欠。口座には1円もないなんて状態になっていませんか?

僕は大学1年生の時はそんな生活でした。

お金が無いお金が無いと常に言うのも嫌だしお金が無いと悩むのも嫌ですよね。でも欲しい物は欲しいし食べたいものは食べたい。

 

そんなわがままを叶えるにはお金を使う場面と使わない場面でしっかりと使い分けることが大切です。

今回は大学生の節約の仕方、お金の使い方について考えてみました。

 

節約する前にルールを決める。

まずは自分がお金を使いたい場面を考える

先ほども言いましたが節約に必要なのはお金を使う場面と使わない場面をきっちりと決めて、それを守ることが大切です。

 

まずはお金を使う場面から。

自分がこういう場面では財布のひもを緩めたい、という場面を考えてみましょう。

 

  • コーヒー
  • デザート
  • お寿司
  • 飲み会
  • 韓国旅行
  • ゲーム
  • etc…..

出来るだけ細かい場面を設定したほうが節約効果が高いです。

食費という場面設定ではなく例えば夜ごはん・飲み会・お寿司屋・連休後のご飯 などなど単に食費と決めるのではなく〇〇という場面の〇〇のような形がいいですね。

とは言えあまり細かく設定しすぎると自分が窮屈になってしまうので細かすぎず広すぎずのラインを考えましょう。

 

そしていろいろ考えた場面の中から3つ選びましょう。

この3つの場面はお金を気にせず気軽に使える場面です(もちろん節度を持って)。たくさんある場面の中から選んだこの3つの場面があればあなたの大学生生活は充実すると思います。

 

そして今回選ばなかった場面では節約を意識しましょう。

まったく使わないようにすると生活できなくなってしまうと思うので節約です。節約の仕方は後々紹介します。

 

しゅんてんの3つのお金を使いたい場面

しゅんてん

しゅんてんが選んだ3つの場面はこちら!

 

  • 旅行
  • 彼女
  • お金を増やすこと

 

まず1つ目は「旅行」です。大学生になってカラオケもボウリングも飲み会も買い物もそれなりにして、もう満足しました。唯一満足していない遊び方というのが僕の中で「旅行」です。

最近は特に海外旅行にハマっていて去年の9月。今年の4月に韓国に行ってきました。noteというサイトで僕の韓国旅行について書いているので是非どうぞ☞「二回目の韓国旅行で感動したこと」

 

次に「彼女」。僕にとって彼女の存在は大きいです。なのでお金をケチったりはしたくないと思っています。とはいえ貢いだりはしてません(笑)

 

最後に「お金を増やすこと。僕はバイト以外の収入で月5万円の収入を得たいと思っています。

  • Zaifで仮想通貨を買ったり
  • トラノコでおつりを投資に回したり
  • BASEでオンラインストアを開いてみたり。

まだまだ未熟ですが着実に成果が出てきています。お金を使うことでお金を増やすことを実践しています。

 

 

具体的な大学生の節約方法

 

さて、節約の方向性を決めたところで次は節約方法について紹介していきます。何パターンか用意したので1番自分に合ったものを選びましょう。

自分がストレスなく続けれる方法を見つけれるかどうかが節約のカギです。節約自体に強いストレスを感じる場合はどうしようもないです(笑)

 

大学生にも家計簿は有効

家計簿というかお小遣い帳感覚ですね。お小遣い帳は節約をするうえで1番効果的な方法です。

何にいくら使っているのか把握することで節約感覚を身につけることができます。

 

おすすめなのがこの「らくな家計簿」です。

iTunes     GooglePlay

 

らくな家計簿ではかなり設定が細かくできるのでおすすめです。

まずはカテゴリ分けをしましょう。僕の場合は

 

  • 食費(朝食、昼食、夕食、学校ご飯、軽食、バイトご飯)
  • 買い物(コンビニ、衣服、Amazon、100均、日用品、その他)
  • 娯楽(カラオケ、ボウリング、映画、旅行)
  • 共用財布(彼女)
  • その他
  • 車(ガソリン、高速、その他)
  • 交通費(電車、タクシー、バス)
  • 必要系(歯医者、美容院、携帯代、その他)
  • ペット
  • 投資

 

こんなにもカテゴリ分けをしています。()内は子カテゴリです。

カテゴリを細かくすればするほど自分が何に使っているのか分析できるのでより節約効果はあります。

詳しくは節約の必須アプリ「らくな家計簿」の使い方で紹介しています。

 

財布に入れる金額を決める

 

家計簿なんてつけるのめんどくさい、という人は財布に入れる金額を決めるという方法があります。1か月分、1週間分、3日分などで財布に決まった金額を入れて、そのお金でやりくりするやり方です。

期間を延ばせば延ばすほどお金の使い道の見通しが必要で難しいので、まず最初は3日分や1週間分で確実に節約をするという感覚を身につけましょう。

 




しゅんてんがお金の使い方に気を付けている場面

 

しゅんてん

僕が実際に気を付けている場面を紹介していきます。

 

バイトにつかっている食費を節約する

アルバイトに行く時に8時間、9時間のロングのシフトだと休憩があり食事をとると思います。そんな時にあなたはどうやってご飯を用意しますか?

コンビニで買ったり、社員割引を使って料理を作ってもらったり、家にあるものを持ってきたり。でもバイトに掛かる食費ってすごい無駄かなって思うんです。

僕の中で外食というのは食を楽しむというよりもコミュニケーションをとる場所だと思っていてバイトの休憩に食べるご飯とは違うんですよね。

もちろんバイトの休憩中にコミュニケーションを取ることも出来ますが同じバイト先の人間だからそういった機会が自然にできるわけです。だからそこにご飯は必要ないかなって。

 

というわけで僕はバイトのご飯をかなり貧相にしています。もともと小食なのでお金は大してかからないのですがそれでも削ります。

最近はコンビニでおにぎり2個のみ。250円くらいですね(笑)

 

前は親子丼だったりおにぎり+ホットスナックだったりしていたのですが別にそこまでして自分の食べたいものを食べる必要もないって気づきました。コンビニの弁当なんて大しておいしくないですしね。

毎食350円浮くとすると週3バイトで1050円。1ヵ月で4000円ですね。

それだったら日々節約して1食4000円くらいのところに月に1回行ったほうが経験的にも得かなって思います。個人差があるので真似をしろとは言いませんがこれくらい節約って効果あるんだよって思ってほしいです。

 

学校でのお昼ごはんを節約する

 

これもバイトのご飯と少しかぶってしまうのですが学校のご飯にこだわっていたら食費がえげつないことになります。僕は大学1年生のころ昼休憩のたびにいろいろなお店に行っていて、オムライス・ハンバーグ・ラーメン・油そば・とんかつなどなど馬鹿みたいに行ってました(笑)

そのころはお小遣い帳は付けていなかったので詳しい金額は分かりませんが平均毎食900円くらいとして週4回は行ってました。学校でのお昼ごはんだけのこの金額は結構痛いです。

ただ、大学1年生ということで友達との仲を深めるきっかけにもなりますし悪い出費ではなかったかなって思います。

 

今ではもう落ち着いてきて、まずお昼ご飯を取らなくていいように午後からの授業を入れています(笑)

夜は遅いですが帰ったら夜ごはんがあるので我慢します。そしてお昼ご飯を取るときもコンビニやサイゼリアなどの安い店に入るようにしています。

友達も今までの無駄遣いに気づいて気兼ねなく安い店に行っています。

コンビニで買うときはおにぎり2個が多いですね。サイゼリアなどの安い店だったら1食500円くらいには収まります。

これも自分がストレスなく出来る範囲で、周りに変な目で見られない範囲でやっていきましょう。

 

 

服に使うお金を節約する

大学生になると服に興味を持つ人が多くなりますね。やっぱりおしゃれな服の人はかっこよく見えますしお金をかけるべき場面だと僕は思います。

が、無理に高い物を買う必要はないかなとも思います。正直ブランド物のほうがデザイン性は高く見ててかっこいいです。雰囲気・個性も出しやすいです。

 

ですが僕はそこまで追求しようと思っていなくて無難・無難よりちょっとおしゃれぐらいを目指しています。

なのでブランド物はほとんど買わず古着やユニクロ・H&Mなどのファストファッションに頼っています。服って高いので節約すると天と地のさほど変わってきますよ。

マイナビによると大学生の1か月あたりの出費はこんな感じ

 

ファッションに使うお金は月いくらですか?

 

第1位 ~ 5,000円 60人(36.6%)
第2位 ~ 3,000円 41人(25.0%)
第3位 ~10,000円 27人(16.5%)
第4位 ~ 2,000円 21人(12.8%)
第5位 ~ 1,000円 15人( 9.1%)
※「ほとんど使わない」を選んだ人を除外

マイナビ

 

あれ、意外と少ない・・・。大学生が着ている服を見ると5000円以内に収まっている服のほうが少なそうな感じがするのですが・・。

僕も節約するまでは月2,3万円は使っていました。特別高い服を買うことは無いのですが安い服をたくさん買っちゃうんです。多分、実際は月1~2万円くらいが大学生の平均だと思いますね。

 

ところで今のしゅんてんの出費はというとかなり少ないです。1着1000円とかの格安の古着を追い求めています(笑)

 

みんな大好きZOZOTOWNでの節約方法も紹介しています!

こちらからどうぞ「【大学生必見】ZOZOTOWNでお得に買い物をする裏技紹介

 

 

いま紹介した3つの場面だけでも月に2万円くらいの節約にはなるのではないでしょうか。

自分が本当にお金を使いたい場面を考えて、その場面のために他の場面での出費を抑える。これが節約の本質だと思います。

お金を使いたい3つの場面が本当に自分のお金を使いたい場面なら節約も大して苦にはならないと思います。

 

是非自分の好きなことをやるために節約をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

併せて読みたい記事

【簡単に出来て簡単に節約できる】大学生が節約するべき項目まとめました

続きはこちら

 

ネットショッピングで買うとお金が貰える?良サービスMonokaの使い方

続きはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です