【等価交換】何かを得るためには何かを失わなければならない

 

 

 

 

人は何かの犠牲なしに何も得ることはできない。何かを得るためには、それと同等の代価が必要になる 。それが、錬金術における等価交換の原則だ。その頃僕らは、それが世界の真実だと信じていた。

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

冒頭の謎セリフ。知ってる方もそれなりにいるのではないでしょうか。

そう「鋼の錬金術師」という作品のオープニングに入るセリフです。

 

僕はすごいこの作品が好きで漫画・旧アニメ・新アニメともに何回も見ました。この作品の根本には「等価交換」という原理があります。

等価交換とは

変成の前後で物質の量は変わらないという、錬金術の基本原則の事。
錬金術(alchemy)から発展した化学(chemistry)で言う所の「質量保存の法則」である。
物理の「エネルギー保存の法則」にも通ずるところはあるが。) ピクシブ百科事典より

 

それが冒頭のセリフの何かを得るためには何かを失わなければいけないというセリフに繋がっています。

 

最近僕はこの等価交換に悩まされているので紹介というよりかは悩みをぶちまけるって感じです(笑)

暇な方はみてください。

 

お金を得るためには時間を失わなければならない

 

ほとんどの人がアルバイトをしてお金を稼いでいると思います。そしてアルバイトというのは時間とお金の等価交換です。時給1000円・日給1万円すべて時間とお金の等価交換ですね。社会人になっても同じです。

僕たちは基本的には自分の時間を失うことで生活するだけのお金を得るという人生を送っていきます。

 

この原則から逃れれる方法は少ないですね。

宝くじを当てたり、競馬で当てたり。あとは不動産収入や株の配当などの不労所得を得るくらいですかね。どちらにせよ最初はある程度のお金が必要です。僕たちは僕たちの人生(65歳までの)を会社に渡すことで平均障害年収である3億円ほどを得ることが出来る。

 

でも僕はめんどくさがりなので楽して稼ぎたいです。時間を失わずにお金を得たいと思っています。等価交換の原則に抗いたいですね。

 

そのために仮想通貨を買ってみたり、ブログを書いたりしています。仮想通貨で一発当てて人生セミリタイアするかブログで定期的な収入を得て人よりも楽するのが夢です。

仮想通貨はやっぱりある程度、元金がないと増えないので今はバイトでの収入を地道に少しずつお金をかけています。

 

そしてブログではある程度成長したら自然と人が見に来てくれてそれに応じて収入が入る。「自動販売機」のように置いておくだけでお金を稼いでくれる機械になってくれるよう今はブログにもお金と時間を使っています。

今はまだまだしょぼいのでお金と時間をかなり費やしているのにリターンはほとんどないです。時給100円もないと思います。ですが将来定期に大きくなることを願ってひたすら書いています。

 

新たなことを始めるためには既存の何かを失わなければならない

 

お金を得るためには時間を失わなければならない。では時間を得るためにはどうすればいいのか?

答えはバイトに費やす時間を得るためには何かに費やしている時間を失わなければならないのです。

 

分かりやすい例は睡眠時間を削ってバイトをする、ですね。睡眠時間を削って終電までバイトをすれば稼げる額はグッと上がります。ですが次の日の起きる時間は変わらないので睡眠時間が減ってしまいます。

しかも減っているのは睡眠時間だけでなく、趣味の時間・遊ぶ時間・勉強する時間などなど色々失っていますね。

 

結局何が言いたいかというと「時間は大切」ということです。当たり前のようですがよくよく考えてみると深いな~と僕は思っています。

1日は24時間しかなく1年は365日しかありません。その量は一生変わることがありません。

 

アルバイト目線で見た場合、今あなたがこの記事を読んでる数分はアルバイトに換算すると数十円に変わるでしょう。通学の1時間でバイトができていたら1000円稼ぐことが出来たでしょう。

趣味目線で見た場合、アルバイトをしている8時間があれば大好きな映画を見ることが出来ます。友達と遊んでいる一日があればどこかに旅に行けます。

 

ってな感じで僕たちが何かをしてる間は常に何かをする時間を失っているのです。そういった背景があることを考えながら何をするのか考えると時間を大切に出来るのかなって思います。

 

 

併せて読みたい記事

休日をダラダラ過ごす人があることをしたら勉強でさえもやる気になる

続きはこちら

 

通勤・通学電車での暇つぶし方法6選。勉強からお金稼ぎまで大公開!

続きはこちら

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です