高校の部活以来にランニングをしてみて感じたこと。

どうも。しゅんてん@shunten123です。

 

今回は久しぶりにランニングした理由とその効果について紹介していきたいと思います。

 

急にランニングをした理由

11月末ということでかなり冷え込んできました。特に朝夜はかなり寒く、学校帰りに歩いていると服装によっては震えが止まらなくなります。

僕は昔から風邪などの病気にはなりづらいタイプでかなり健康体質でした。

にも関わらずその寒さにやられてしまい、最近は体調を崩しがちになってました。

 

なんでこんなに貧弱な体になってしまったのかと考えた時に、大学に入ってから自堕落な生活を送っているうえに運動もしなくなったからではないかと思い手軽に出来る「ランニング」を選びました。

 

本当は高校の部活でやっていたテニスをやりたかったのですが、テニスは場所を選ぶスポーツでコートを借りなくてはならないですし1人では出来ないので今回はパスしました。

 

こんなことを思っているときに、高専生ブロガーのかっつーさんがこちらのツイートをしていたので、これはやるしかないと思い冬の地獄の寒さに立ち向かうことにしました。

実際にRunkeeperを使って走ってみた。

こちらが僕が実際に走った記録です。走る前に久しぶりの運動だったので10分と決めていたのですが内心は20分くらいは走れるかななんて思っていました。

高校生の頃は毎日5kmくらいは走っていたので並みの運動部くらいの体力はあったと思います。持久走では5分前半くらいで8点くらいの実力でした。

 

そして実際に走ってみたところ・・・

全然走れない!!!(笑)

1km毎に休憩しようと思っていたのですが600mくらいでギブして歩いてしまいました。その後は300m毎くらいで歩いてしまいました。

そして死にそうになりながら1500m走って、10分たったので帰宅しました。

 

走る前は自信満々でしたが、見事にやられました。完全にふくらはぎがパンパンで乳酸が溜まっていました。

自分の体の衰えに絶望して怒りを感じましたね(笑)

急いでお風呂に入って入念にマッサージしましたがこれは筋肉痛パターン。

 

走ってみてどうだったか

かなりきつかったと言いましたが、気持ち的にはすごいすっきりしていました。

いつも学校から帰ってきたらパソコンでYouTubeを見るかブログを書くかしていて、体が本当になまっていた。時々テニスはしていましたがちょっと動いただけで息は切れるは足は痛いはで衰えを感じていました。

 

元々走るのは嫌いではないので気持ち的にもかなり良いリフレッシュになりました。

体が疲れてくれたおかげで、その日の寝つきは良く、心なしか目覚めもさっぱりしていました。

 

やっぱり、パソコンやスマホをやりすぎた疲れと運動した疲れというのはかなり違って、圧倒的に後者のほうが体に良いと再認識させられました。

 

今後も時間があるときに少しでもいいのでランニングする習慣をつけていこうと思います。

こういったちょっとしたことを継続させることで、自分自身の継続力を高めて他のことにも継続力を発揮できるようになると思っています。

なのでランニングを通じて

  • 体力の向上
  • 睡眠の質の向上
  • 継続力を付ける

この3つを目標に頑張ろうと思いました。

 

こちらが僕のツイッターで日常や稀に役立つこと、あとはランニングの結果についてもつぶやいています。話し相手にもなるので是非気軽にフォロー&リプしてください!

[blogcard url=”https://twitter.com/shunten123″]

 

それではこの辺で。バイバイ!

 

RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡ーGooglePlay

Runkeeper- GPS ランニングトラッカー ーiTunes

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です