【大学生向け】車の維持費まとめ|保険料・税金・車検・ガソリン代

 

 

 

しゅんてん

どうも、しゅんてんです

 

今回は、大学生が自分専用の車を保有した際に掛かる費用をまとめました。

保険料から月々のガソリン代まで紹介するので、1つの目安として参考にしてください。

 

 

自動車を保有したときの諸費用

 

車にかかる税金

自動車税・軽自動車税

自動車税は車の「排気量」によって変わってきます。

 

 

軽自動車と普通自動車(1リットル以下)では大きな差(18,700円)があることが分かります。普通車は排気量毎に5,000円ほど変わってきますね。

ちなみに排気量1リットル以下の車は、「スズキのスイフト」「トヨタのヴィッツ」などのコンパクトカーあたりになりますね。

 

自動車重量税

自動車重量税は、自動車の重さによって値段が変わります。もうよくわからないですね。

新車の場合は、新車登録から3年。中古車の場合は2年ごとに支払う必要があり、車検と同時に支払うことになります。

 

軽自動車の場合は重量に関係なく一律、3,300円/1年です。

普通車の場合は、0.5トン毎に4,100円/1年です。

 

つまり、中古の軽自動車の場合は2年ごとに2年分をまとめて払うので「3,300円×2年分=6,600円

新車の普通自動車1.6トンの場合は購入して3年分を支払うので「4,100円×4(0.5トン毎に加算されるため)×3年分=49,200円

かなりの差があることが分かります。

 

自動車保険

自賠責保険

こちらは自動車に乗る場合、必ず入らなくてはならない保険です。法律で決められていますので、破った場合は罰金が科されます。

契約年数は12ヵ月~37ヵ月といろいろ選べますが、今回は12ヵ月契約で見ていこうと思います。

  • 自家用 乗用自動車(普通自動車):15,520円
  • 軽自動車:15,130円

 

ここに関しては大きな差はありませんね。

任意保険

 

こちらは文字通り任意で入る保険です。

???

自賠責保険に入ったから任意保険はいらない!

 

と思うかもしれませんが、自賠責保険では対人事故の補償額に限度があり、対物事故・自分のケガなどに対する保証はついておりません。

そのため自賠責保険だけですと、事故を起こした時の支払いはほとんど自分で賄わなくてはなりません。事故の賠償額って数千万円を超えることもあり得るため、必ず任意保険にも入る必要があります。

 

任意保険を提供する会社はたくさんありますし、保険加入者の状況によって大きく値段が変わってきます。しも未成年の方の個人名義で保険に入ろうと思うと年間20万前後くらいになると思います。

流石に高すぎるので、定番の保険の入り方としては、車を親名義で契約し、保険の範囲を「家族限定 年齢制限なし」が多いと思います。

 

自動車ランニングコストさんの自動車保険見積もりを利用して大体の相場を見ていきましょう。

  • 本人契約・本人限定・年齢制限なし・車両保険なし:年間120900円(月々10200円)
  • 親名義契約(等級10)・家族限定・年齢制限なし・車両保険無し:年間97500円(月々8300円)

 

大体10~15万円あたりで見ておきましょう。

保険を安くするにはネットで比較検索をしたり、親御さんの等級をお子さんに移したりといろいろな方法があります。

 

ガソリン代

 

ガソリン代はその時々で価格がかなり変わってきます。

ここ10年間でレギュラーガソリン1L/100~160円の間を推移しています。

bang!さんの調査によると「月平均13,382円」という結果だそうです。こちらの結果は、全年齢対象・車種不問なので大学生向けとは言えませんが一応目安として参考にしてください。

 

駐車場代

 

自宅に駐車スペースがあれば0円で済みますね。

自動車保険ガイドさんの調査によると、「月極駐車場の平均は8,288円」とのことです。もちろん都会のほうが高く、地方につれて安くなっていくので、参考までに。

 

定期メンテナンス費

 

車検とは別に、定期的にメンテナンスをすることでより安全に利用することが出来ます。

エンジンオイル・オイルエレメント・タイヤ・ワイパーゴムなどなど定期的に交換が必要になるものがいくつかあります。

特にエンジンオイルは半年に1回・走行距離5,000kmに1回などと言われています。

 

エンジンオイルの交換は、軽自動車ですと工賃+オイル代で2,000円ほど。普通車ですと3,000円ほど。

メンテナンス費用は、車種やメンテナンスを受ける場所によって大きく変わってきますので、これ以上になることもありますしこれ以下になるコトもあります。

 

車検代

 

車検は新車購入から3年後、その後は2年毎に受ける必要があります。

もしも検査で修理しなくてはならない重大な不具合が見つかった場合は追加料金が掛かります。今回は、追加料金なしの基本料金の相場を見ていきましょう。

  • 普通車コンパクトカー:8~10万円
  • 軽自動車:4~6万円

 

大体これくらいの値段になります。

車検は、ディーラー・ガソリンスタンド・大型カー用品店などと様々な場所で受けることが出来ます。それぞれによって価格帯も変わりますし、独自のサービスなどもあります。

しっかりと比較してから車検先を選ぶことが大切でしょう。

 

 

【実体験】大学2年生で中古軽自動車を購入した場合

 

実際に掛かったお金

 

2017年6月(大学2年)で中古軽自動車を40万円で購入。2019年2月までの出費(21か月分)

  • 中古軽自動車 車両代:400,000円(車検費・その他費用込み)
  • 修理1回目:8,000円(自損事故)
  • 修理2回目:2,0000円(エンジンオイル周り)
  • 修理3回目:3,000円(ラジエーター周り)
  • 点検:3,000円(ファンベルト関連)
  • 自賠責保険:15,000円
  • 任意保険:29,580円
  • ガソリン代:約100,000円(2ヵ月に3回ペース・1回3,000円)

合計:578,580円

 

車両代は一括で購入したのでローンはありません。

車両代以外の費用の合計が178,500円なので、178,500円/21ヵ月=月々8,500円

しゅんてん

意外と安い!!!

 

結構年季の入った中古車だったので、色々と不具合は起こりました。そのたびに修理しているとジワジワ効いてきますね。

2回目の車検を通す際に、引っ掛からないかが不安になります。エンジンに修理が必要となると修理費だけで中古車を買えちゃうこともあるので、中古車を購入する際は状態を入念に確認する必要があります。

 

どれくらいバイトをしていたか

 

578,580円すべてを自分で負担したわけですが、車両代の40万円を貯めるまでに結構バイトしました。税金が掛からないギリギリの103万円まで1年で稼いで、いろいろな節約などもしていました。

僕自身がサークル・部活などに入っておらず飲み会の回数が少なかったことも大きな要因かなと思います。

 

 

結論:大学生でも中古車であれば、十分買える

 

ここまで見てくださった方は分かったと思いますが、大学生でも車は買えます。車の維持費なんてたかが知れているのです。

大変なのは車を購入するまでにお金を貯めなくてはならないということ。安い物ですと数万円で買える中古車はたくさんありますが、あまりにもグレードの低い物を買ってしまうと修理費などがかさみ、結局のところかなり高くつくということもあります。

安物買いの銭失いとでも言いましょうか。

 

もしも親御さんが車を買ってくれるけど維持費で悩んでいるのなら、今すぐに買いましょう。車があることで学生生活はグッと楽しくなります。

自分で買うなら良いと言われているなら今月から貯金を始めましょう。毎月3万円貯金していけば、大学2年の途中には買えるでしょう。

 

あまりバイトに力を入れていない人は、レンタカーやカーリースなども視野に入れましょう。

カーリースは月々1万円で保険料やメンテナンス代も含まれているので、かなり安く自家用車を手にすることが出来ます。しかし、重大事故時にまとまったお金が必要であったり、リース後の残金のことなど、いろいろなデメリットも持ち合わせています。

車を欲しいからと言って焦って買うのではなく、自分の状況に1番合った車の保有の仕方というのを考えていくことが大切です。

 

ちなみにガリバーの中古車在庫問い合わせを利用すれば、全国550店舗の情報を一気に見ることが出来ます。大手ガリバーの信頼感から中古車であっても安心して購入することが出来ます。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください