【バラ色のキャンパスライフ】経済学部におすすめの第二言語は韓国語でしょ!

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

春から大学生のあなたはきっと第二言語を何にしようか迷っていることでしょう。

僕も最初はいろいろ考えました。これから役に立つのは中国語だなぁ~とか、経済学はドイツと関りが深いからドイツ語にしよかなぁ~とか。

しかし、よ~~く考えてみてください。
小学校から高校までの約10年間、英語を学んできてあなたは満足に話せるようになりましたか?
なってないですよね?(話せる方すみません。)

第二言語なんて大学の1、2年間に週2時間程度やるだけですよ。
ぶっちゃけ、喋れるようになるわけないんです。

いや、わけないわけではないんですがよっぽど意欲的に取り組めば喋れるようになるかもしれません。大半の人は喋れないまま終わることでしょう。
つまり何が言いたいかというと、よっぽど学びたい言語が無いなら1番楽なやつを選ぼう!!これに尽きます。

そこで僕は韓国語を取ることをおすすめします。

僕は経済学部はドイツ語だ、という謎の主張をネット上で見つけてしまいドイツ語を選んでしまいました。

結論から言うとドイツ語を選んだことを後悔しています。

経済学部の第二言語に韓国語がおすすめな理由

韓国語

韓国語は日本語と似ている?

みなさん、多分1度は韓国語を目にしたことがあるとは思いますが意味の分からない記号がずら~~~と並んでいますよね。
アレって実は日本語のあいうえお表と同じ考え方で出来ているんです。

僕は韓国語を勉強したことがないので詳しくは外部サイトでどうぞ
参考 韓国語の勉強は日本人にとって簡単?その4つの理由とは?NO.2宣言

このサイトによると母音と子音さえ覚えてしまえば書くのは簡単ってことですね。
さらに主語、述語、動詞などの順番が一緒だそうです。
例えば
「私はダイエットするために歩く」
を英語にすると
「I walk to diet.」ですよね
日本語と英語だとダイエットの位置が変わっちゃうのです。

ですが韓国語だと
나는 다이어트를  위해 걷기

↓    ↓     ↓   ↓

「わたし ダイエットを ため 歩く」

こんな感じになるわけですね!言葉の順番が日本語とほとんど同じなので簡単に文の構成を考えることが出来ます。

(間違ってたらコメントください)
そういった意味では英語よりも覚えやすい簡単な言語だと言えるでしょう。

 

 

韓国は旅行先として面白い・安い・近い

飛行機

先日、初めての海外旅行として韓国旅行に行ってきました。なんで初めての海外旅行先を韓国にしたかって言うとやっぱり安い、手軽、近いの三拍子だからです。

僕は愛知県民なのでセントレアから出発しましたが片道2時間も掛からなかったです。
値段も飛行機+3泊4日で35000円で国内でちょっと遠出するよりも断然安く済みます(笑)

もう国内は行き尽くした方や、ちょっと非日常的な体験をしたい方は是非、韓国語を学んで現地で自分の語学力を生かしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに有名観光地ならほとんど日本語が通じるので無理に韓国語を学ぶ必要はないです。(笑)

韓流好きの女子が多い

女性

※写真はイメージです

ここがこの記事で1番重要なポイントになります。(男子向け)

経済学部って結構男子が多い学部で良くても5:5とか6:4くらいですよね。

僕の学校では体感的に6.5:3.5くらいです(笑)

そんな男子の多い学部で少しでも多くの女子と触れ合うにはどうしたらいいのか。

それは女子に人気な言語を選ぶ。

これ。これが言いたかった。僕は1年生のころのドイツ語のクラスでは36人中6人しか女子がいなかったので本当に後悔しています。

語学クラスは少人数かつ、ペアで読みあったりすることが多いので、女子と話すのは苦手でも自然と話すことが出来ます。

韓国語は韓流好き女子がたくさん集まるので、女子との触れ合いが少ない経済学部の男子にとっては大チャンスです。

言語自体も難しくないので、リスクも低いです。

バラ色のキャンパスライフを送りたいあなたは韓国語を取りましょう。

併せて読みたい記事

通学電車でのオススメの暇つぶし方法4選。勉強からお金稼ぎまで大公開!

続きはこちら

非公開: 【脱金欠大学生】節約に繋がるお金の使い方を考えてみる

続きはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください