僕の大学生活で頑張ったことは「ブログ」になりそうっていう話

 

 

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

最近、本当に就活をやり抜けるのか不安になっています。

 

大学3年生の春ということでそろそろ就活が始まります。

夏休みはインターンに行って自分のなりたい職業というのを固めていこうかと思っています。

 

就職先も悩むところですが、1番不安なのは内定を貰えるかどうかですね。

僕は大学生活で頑張ったことがほとんどありません。

 

  • サークルもやっていない
  • 部活もやっていない
  • ボランティア活動もやっていない
  • 大して資格も取っていない
  • 単位もGPAも良くない

 

ということで本当にしょうもない生活を送っております。

唯一頑張ったと言えるのはバイトくらいです。

 

バイトは大学生なら全員頑張っているよ

???

 

そうなんですよね。唯一頑張ったことは誰もが当たり前にやっているアルバイトのみ。

 

しゅんてん

じゃあ僕が大学生活で頑張ったことは何なのか

 

色々考えた結果、僕は「ブログ」を大学生活で頑張ったこととして深めていこうかと思っています。

 

ブログを頑張ったとして就活で有利になるのか

 

正直ブログで〇〇しました!といったからといって就活で有利になるのかどうかは分かりません。

まだ面接をしたことないですし人事の知り合いがいるわけではないですからね。

 

ただブログを成長させるうえで努力したことは全然プラスになりえることかなって思っています。

 

ブログ活動を本気で取り組んでいる

 

大学生活で頑張ったことを語るうえで重要なのは、エピソードと経験から何を学んだかですよね。

前提としてやっぱり本当に本気で取り組んでいないとちゃんとしたエピソードは言えないと思います。

 

1、2回ボランティアに行って、それを大学生活で頑張ったことと話す人もいますがやっぱり話の内容が薄くなりますよね。

人事の人も何百人という学生を見ているからほとんどのウソは見抜かれてると思っていたほうがいいと思います。

 

そう考えると僕にとってブログは大学生活で1番本気で取り組んでいる活動で、しっかりと語れる経験だなと思いました。

 

 

ブログは試行錯誤の繰り返し

 

ブログというのは正解が無いので、とにかく試行錯誤の繰り返しです。

自分が書いた記事がなかなか人に読まれなかったらどこがダメなのか・どうしたらいいのかを考えては直して考えては直してを繰り返します。

 

その経験って多分仕事でも生きてくるのかなって思っています。

というか何事においても試行錯誤を繰り返して正解を探すっていう工程が大事です。PDCAサイクルとも言われたりしますよね。

 

なので僕がブログをやってきた中で自分なりに考えて行動してきたこの経験は十分頑張ったこととしても経験から得られたモノとしても通用すると思っています。

 

アルバイト以外で収入を得るというレアな経験

 

留学・資格などは他の人との差を付けるため。自分の強みを見せるための武器だと思っています。

それはブログという経験も同じで、しかもお金まで稼げているという。

 

資格はその仕事への知識とかも関わってくるので話は変わってきますがこれは留学よりもレアな経験かな~と思います。

 

僕はまだまだ稼げていないので結果としては弱いですが、月5万、10万と稼げて来たら、それはもう立派な「大学生活で頑張ったこと」になると思います。

 

 

僕のブログがどのくらい稼げているのか・続けている理由などはこちらの記事で紹介しています。

 

 

ブログを始めるか迷う人に向けて

 

僕も最初はブログなんて。と思っていましたし、やってもすぐ飽きるだろうなって思っていました。

ですがやってみると意外と面白くて今では8カ月ほど続いている立派な「趣味」になりました。

 

ブログおすすめです。

 

始めたいなって思った方は是非こちらからどうぞ

【画像解説】Xserverでのブログの始め方を1から10まで教えます

続きを読む

 

まだ悩んでいる方はブログのメリット・デメリットについて語っているこちらをどうぞ

文系大学生がブログを始めて感じた3つのメリット・デメリットを教える

続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください