【ゼミ面接】ゼミで求められる人物の3つのポイント

 

 

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

秋ごろになり、ゼミ面接の時期が近づいてきましたね。

僕のゼミ面接は、正直、あまりうまくいきませんでした。第一志望のゼミ面接ではガチガチに緊張して、まともにしゃべることが出来ず悲惨な結果に終わりました。

 

そんな悲しいゼミ面接が1年が経ち、第2志望のゼミでは楽しくやっています。

 

今回は、ゼミに1年間在籍して分かった、ゼミで求めらえる人物像について語っていこうかと思います。

あくまで僕がゼミ中に感じたことですので、完全に僕の主観になっています。

ですが、何となく掴めた気がするので、参考程度にご覧になってください。

 

ゼミというのはどういう場所なのか?

演習 – 大学などの高等教育にて行われる授業科目。担当教員の名前を冠して「○○ゼミ」と呼ばれることが多い。

一方的に教員の講釈を聞く講義に対して、少人数でテーマに関する報告・議論、講読を行うことを基本としている。
双方向性・相互啓発性の高い状況において専門的な内容を学び取ることをねらいとする。 wikipediaより

みんな大好きwikipediaを参照してみるとこんなかんじ。

ザックリ言えば「少人数の授業で、特定のテーマについて深く勉強する」とでも言えますね。

 

まぁこんなことは誰でもわかると思うので、もっとみんなが気になる部分について触れていきます。

 

ゼミは勉強よりも人付き合いを学ぶ場所

 

僕が1年ゼミをやってきて思ったことは、「ゼミは人付き合いを学ぶ場所」です。

ウィキとは違う意見ですが、僕はそうやって感じています。

 

理由としては3つあります。

  1. 仲を深めるための行事が多い
  2. 勉強するけどそこまで本気じゃない
  3. 先生も遊びたがっている

 

①.仲を深めるための行事が盛りだくさん

 

想像できないかもしれませんが、ゼミ活動でめっちゃ遊びます(笑)

もちろん、ゼミの授業中ですよ!

 

僕が知っているのは

  • フットサル
  • バレー
  • バスケ
  • 工場見学

 

などなどです。体育館を貸し切ってみんなでスポーツしたり、近くの工場や博物館などに行った話を聞きました。

ウィキペディア上のゼミは、なんだか堅苦しい感じがしますが、実際はとってもフランクで気軽な場所なのです。

 

②.勉強はするけれどそこまで本気でやらない

③.先生も遊びを優先しがち

②と③一気に紹介となります。

ゼミでは「特定のテーマについて学ぶ」のですが、ぶっちゃけそこまで本気で学んでいるのは理系くらいです。

文系ゼミのほとんどは、それなりに勉強していっぱい遊ぶ。

そして、先生としても、学生にそこまで勉強させたいわけではなく、それなりに勉強してみんなが楽しくやれればいいといった考えの人が多いのです。

そのため、ゼミ時間中のスポーツや校外研修なども積極的に取り入れてくれるのです。

 


 

みなさんの中のゼミという概念が少しは変わりましたでしょうか?

そんなこんなで、ゼミは人付き合いを学ぶ場所だと僕は思っています。

 

長くなりましたが、いよいよ本題に入りましょう。

ゼミがどういったものかを踏まえて、「ゼミで求められる人物像」というものを考えていきましょう。

 

 

 

ゼミに受かりやすい人物像の3つのポイントとは?

 

協調性のある人物

 

これが1番重要です。協調性という言葉は聞いたことあると思いますが、詳しい意味は何でしょうか。

協調性(きょうちょうせい)とは異なった環境や立場に存する複数の者が互いに助け合ったり譲り合ったりしながら同じ目標に向かって任務を遂行する素質。 wikipediaより

 

ざっくりいうと「空気が読める人」ということです。

遊びんでいい時はしっかり遊ぶ。勉強しなきゃいけない時はしっかり勉強する。静かにするときは静かにする。

とにかく場の空気を感じ取り、対応できる人物がゼミ面接では評価が高いです。

 

当たり前が出来る人物

 

当たり前が出来る人とは、常識がある人とでも言いましょうか。

課題をしっかりと提出する、授業にちゃんと出席する。それくらいの事なので特に気を付ける必要はありませんね。

 

先生によっては単位数を見て、ここを判断する場合もあります。なので単位はそれなりに無いと厳しいかもしれません。

 

コミュニケーションができる人物

 

これもすごい当たり前のことですが、ゼミ内のメンバーと仲良くなろうという気持ちは大切です。

ゼミは他の授業と違い、遊びも大切にする場所ですので、ゼミのみんなと楽しくやろうという気持ちは必須です。

 

 

 

ゼミ面接で受かる人の例


 

こちらの「就活ノート」というサービスでは、実際に就活をしてきた先輩たちの面接対策などが見れちゃいます。

就活を勝ち抜いてきた先輩方の面接対策は非常にタメになりますよ!

自己PRの例文・志望理由の例文もたくさんあるので、ゼミ面接の際の参考にするといいです。

 

もちろん登録は無料ですので、是非1度ご覧ください。

 

 

大学生におすすめの記事

通学中・バイトの休憩中・ちょっとした空いた時間にどうぞ!

【全て無料!】0円で映画・ドラマ・アニメを見るサービスまとめました!

続きを読む

 

バイトを始めるだけで数万円??タウンワークやバイトルは使っちゃダメ!!

バイトを探すならここ!お祝い金があるおすすめの求人情報サイト3選

続きを読む

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください