僕なりのファッションの楽しいところ、こだわり、考え方、語ります。

 

 

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

ファッションは、正解も間違いもなく自分の好きなように楽しむものだと思っています。

 

  • 異性にモテたい。
  • SNSでちやほやされたい。
  • 憧れの人に近づきたい。
  • カッコいい服を着たい。

 

様々な理由でファッションが好きな人がいるかと思います。

 

早い人は中学・高校生の時から服に興味を持ち始め、大学生になったら大半の人が、それなりに自分の服装に気を使い始めます。

友達と好きなブランドについて語り合ったり、一緒に買い物に行って相手に服を選んでもらったり。

 

僕も人並みにファッションが好きで、楽しんでいる人の1人です。

今回は、古着屋を経営しているなど、それなりに服が好きな僕が、ファッションという曖昧なものについて語っていこうかと思います。

 

 

僕にとってのおしゃれとは何か?

 

おしゃれという漠然としたものをどう捉えているか

 

おしゃれというのは人によって感じ方が違って、抽象的で答えがありません。

 

  • 大学生に人気のげんじさんのようなファッションをおしゃれと感じる人
  • ハズムさんのような機能性や経年変化をおしゃれと感じる人
  • 九州タワーズさんのような独特のシルエットをオシャレと感じる人
  • へきトラハウスのジンさんのようなストリート系?をオシャレと感じる人

 

たくさんのおしゃれがあると思います。

 

僕が常々思っていることは「ファッションを楽しんでいる人は、例外なくおしゃれだと思う」ということです。

共感する人の多さが違うので、おしゃれ・おしゃれじゃないと言われることは絶対にありますが、僕からしてみれば、自分でファッションが好きでこだわりを持っているなら、その人はおしゃれです。

 

UNIQLOのミッキーマウスのTシャツはおしゃれなのか

 

例えば、ユニクロに売っているようなミッキーマウスのTシャツを着ている人がいたとします。

そのアイテム単体で見るとそこまでおしゃれに見えないかもしれないですね。

 

しかし、着ている人が、このダサさが逆に良いと思って着ていればそれはおしゃれ。このミッキーの可愛さと細めのデニムパンツが合うな~と思って着ていればおしゃれ。

とにかく、自分なりに「そのアイテムについて考えてコーデを組んでいればおしゃれ」だと思います。

 

もちろん、人それぞれ好みは違うので、そのコーデが好きじゃない人もいますが、そのコーデが好きな人も一定数いますよ。

 

 

 

 

世間一般的な「おしゃれ」の解釈

 

僕なりの「おしゃれ」というのは「こだわり」を持つことだと言いました。じゃあ世間が思う「おしゃれ」とは何なのか。

それは「どれだけ多くの人に共感してもらえるか」が大事になってくるかと思います。

 

一部のコアなファンにウケるヘビメタバンドよりも、世間全体がそれなりに好きになってくれる今時のバンドのほうが、世間的な評価は高いです。

それはファッションでも同じことで、めちゃくちゃこだわりを持った奇抜なファッションよりも、万人の感性に差しさわりの無いファッションのほうが「おしゃれ」に見えるのです。

 

例えで言うならば、ユーチューバーの「げんじ」さん。僕が思うに、あの人が紹介しているのは最強の無難コーデなのかなって思います。反対に同じくユーチューバーの「カワグチジン」さんなんかは、かなり好き嫌いが分かれますね。

 

どっちのおしゃれを極めるべきかは難しい質問ですね。

 

大学での僕のファッションについて

 

僕はあんまり目立ちたくないので大学ではザ・大学生のような恰好をしています。

気を付けている点は

 

  • 同じ服を多用しない
  • なるべく被らないように
  • シンプルを着こなす

 

くらいです。

個人的に毎日同じコート、同じ靴、同じ時計、同じカバンを使っているのはあんまりおしゃれじゃないかなと思います。

毎日使いたいくらいお気に入りで大切にしているのかもしれませんが、それよりも色んなアイテムを色んな合わせ方をするほうが楽しいかなって思います。

なので僕はAmazonで激安の時計を買ったり、古着で安い服をたくさん買っています。

安物買いの銭失いと言われるかもしれませんが、数を揃えるには安物に頼るしかないですね。

 

安物の中に「分かりやすく、そこそこいいアイテムを」

 

古着屋でイオンで売ってそうなブランド名の服を500円くらいで買ったりするのですが、さすがに全身そんな服で固めていたら中々万人受けしないし、こだわりが見えずらいのかなって思います。

なので、コーデの中に1つは分かりやすいブランドを入れると幅広い層から「あの人はファッションに気を使っているんだな」と思われやすいかと思います。

 

おすすめなのが靴。

靴は隠れることが無いですし、それぞれのブランド色が出やすいので、周りから見て分かりやすいです。

僕はラコステ、オニツカタイガー、ポロラルフローレンなど、みんなが知ってそうで一目でわかる靴をいくつか持っています。

 

created by Rinker
LACOSTE(ラコステ)
¥12,960 (2018/10/21 10:28:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

プライベートでのファッションについて

 

最近ハマっているのは、サスペンダーや蝶ネクタイを使ったクラシック?ぽいファッションです。

冬は着こんでしまうのであまり目立ちませんが、秋はアウターを着ないのですごく映えました。滅多にかぶらないのも嬉しいポイントです。(おじいちゃんとは数回被った)

 

基本的におじさんくさい感じの服装が好きですね。こういったクラッチバッグも良く使います。

 

プライベートでは人目を気にせず、どんどん自分のしたい服装をしています。

ぶっちゃけ、自己満足のためにやっているので、おしゃれと思われようがダサいと思われようがいいかなって感じです。

そりゃ、おしゃれと思われたほうが嬉しいですが・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください