【こだわり】古着屋を経営している大学生の僕が、古着の良さについて考えてみる。

 

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

買い物って楽しいですよね。僕にとっての1番のストレス発散方法が買い物をすること。

テストが近くなったり、バイトが忙しかった時などはすぐに買い物に行きたくなります。

 

服を買ってばかりなので、大学の友達には「初めて見る服だな」と言われました。

 

なんでそんなに服を買えるのか。僕は決してお金持ちというわけではなく、バイトをしている普通の大学生です。

理由は簡単。めちゃくちゃお得に買える「古着」を利用しているからです。

 

古着と聞くと、とにかく安いというイメージがあるかもしれませんが、僕は「古着には安さ以外のメリットがたくさんある」と思っています。

古着大好きの僕が、古着の良さについて語っていこうかと思います。

 

大学生が古着屋を経営している?詳細紹介

 

「大学生が古着屋を経営している」と聞くと、どこかでお店を構えていて店長という立場をイメージするかと思います。

すみませんが、イメージをぶち壊します。

 



僕が経営している古着屋は「BASE」というアプリを利用して開設したオンラインショップです。

このBASEというサービスは

  • ホームページの知識0でもOK!
  • 誰でも簡単に30秒でお店を開ける!
  • お金が掛かることは一切なし!

 

ということで、僕でも簡単にお店をつくることが出来ました。

 

気になる売り上げは?

古着屋経営ということで、気になるのは月々の売り上げですよね。

四の五の言わず、公開します。ドーーーーーン!

 

オンラインストアは1度商品を出しておけば、あとは放置しておくだけなので負担にもならず、手軽に利用できます。

 



 

古着の良いところ①.圧倒的安さでたくさん買える




みなさんご存知の通り、古着はめちゃくちゃ安いです。

今回は「バーバリー専門店のBBL SHOPさん」を例にしたいと思います。

 

まずバーバリーの公式サイトから今期のシャツを持ってきました。

 

すごいシンプルでバーバリー感もないシャツです。こちらのお値段「¥45,360」です。

シンプルとは言え、やはりバーバリー。侮れない金額ですね。

 

そして次にBBL SHOPさんからシャツを紹介します。

デザインに違いはありますが、わりと似たような所品ですよね。

気になるお値段は「¥6,980」です。

 

新品だと45,360円。中古だと6,980円。約85%オフです。

ちょっと極端な例を出しましたが、それくらい古着は安いよっていうことです。

 

2017年10月の僕の衣類の買い物代は、たったの6350円でした。一般的な大学生からしたら1着でそのくらいの値段ではないでしょうか?

ですが僕は6350円で4着買えています。

 

全部を古着にしたほうがいいとは思いませんが、パンツだけ古着。シャツだけ古着。といった風にコーディネートの一部に古着を使うことで、かなりの節約になるかと思います。

安いということはたくさん買えるということなので、さまざまなコーデを楽しむことが出来るところが、古着の強みだと思います。

 

 

古着の良いところ②.色々なブランドの服を見ることが出来る

 

意外と意識している人は少ないと思いますが、古着屋というのはブランド関係なくまとめて販売しています。

これってかなり面白いことで、普段絶対入らないような店、行ったことのない店の服を見ることが出来るんですよね。

 

例えばこれ。

 

こちらは古着屋で買ったスウィングトップ。500円でした。

ブランド名は「TOPS by Eco」。初めて聞いたブランド名だったのでグーグルで調べてみると、それらしき情報は一切出てきませんでした。

どこに売ってるかも分からない。誰が作っているかも分からない。どんなブランドかも分からない。そんな未知のアイテムと古着屋では出会うことが出来るのです。

 

自分の知らなかったブランドに触れることで、また新しくお気に入りのブランドが見つかるかもしれません。

 

 

古着の良いところ③.時間短縮に繋がる!

 

買い物に行くとなるとちょっと電車に乗って都会に行ったり、町のはずれにある大きなショッピングモールやアウトレットモールに行くと思います。

と、なると、移動時間もかかるし交通費もかかるしということで、時間に余裕があるときしか買い物は出来ないかと思います。

 

ですが古着屋でしたら、田舎にもありますし、1店舗で見れる服の量が断然多いです。

 

あるブランドが好きでそこの服を見たいという方はショッピングモールなどに行くしかないですが、特にブランドにこだわりが無く気に入ったものを買う人であれば、古着屋のほうが効率よく服を見つけることが出来ます。

もちろん、ショッピングモールに行くことは楽しいので否定しているわけではないですよ(笑)

ただ、見方によっては古着屋のほうが合っている人・タイミングがあるということです。

 

 


 

以上で古着の良いところでした。

古着と言われると汚いというイメージがあるかもしれませんが、クリーニングに出せば十分綺麗になります。

圧倒的なコスパの良さを発揮する古着を買って、自分の試したことのないコーデをガンガン開拓していくとおしゃれが楽しくなっていくと思います。

 

それではバイバイ!

 

併せて読みたい記事

腕時計好きには堪らない!大学生でも月3900円でOMEGAが付けれる⁉

続きはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください