大学生が思う、効率の良いバイトの仕方とは?【少ない日数でたくさん稼ぐ!】

 

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

1日暇なのに4時間しかシフトに入れてもらえなかった・・・

バイトをしすぎて遊ぶ時間がない・・・

 

そんな経験ある人は多いかと思います。

大学生の間はたくさん遊びたいし、でもたくさんお金を稼がなきゃ・・・。

 

そんな悩みを解決するには「効率よくバイトをする」ことが必須となります。

今回は、紹介する5つのポイントをしっかりと押さえ、少ない日数でたくさんお金を稼ぐ、効率の良いバイトの仕方を覚えていってください。

 

 

学校の近くでバイトをするべし!

 

バイトを探す際に、学校からの帰り道で探すか、自宅の近くで探すかで分かれるかと思います。

もしも、効率良くお金を稼ぎたいのなら、「学校の近くでバイトすること」を強くオススメします!

 

働ける時間が大幅に増える

 

実際にどれくらい変わるのか考えてみましょう。

自宅から学校まで1時間かかる学生

バイト先は学校から10分の飲食店Aと自宅から5分の飲食店B

飲食店Aは11時まで働けて、飲食店Bは10時

学校には電車で通っており終電は11時半

自宅から近いバイト先へは車通勤。

週3勤務

 

こんな感じで考えてみましょう。

学校が16:30に終わってすぐにバイトをするとして、飲食店Bに入る場合、17:30に家に着くのでバイトに入れるのは18:00からになります。

18:00~23:00の5時間×週3×4=60時間

 

次に飲食店Aに入る場合、16:30に学校が終わり10分でバイト先に着くので17:00からバイトに入れます。

17:00~23:00の6時間×週3×4=72時間

 

12時間分働ける時間が変わります。

僕の場合ですと、住んでいる場所が田舎なので夜遅くまでやっていて条件が良い店というのがなかなかありません。

一方で大学の近くはそこそこ都会で、夜遅くまでやってて時給が良いお店がたくさんあります。

そう考えると実際貰える給料にはもっと差が出来るというわけです。

 

交通費が貰える

 

ここが学校の近くでアルバイトする最大のメリットになります。

ほとんどのバイトで交通費が支給されると思います。全額貰えるバイト先もあれば、最大500円くらいしか貰えないバイト先もあります。

定期を持っている人は貰えないバイト先もあります。

 

ですが、定期を持っているのに交通費を貰えた時、年単位で見るとめちゃくちゃ大きなメリットになります。

交通費500円

週3勤務の場合

500円×週3×4=6000円

6000円×12カ月=72000円

 

しっかりとバイト先を吟味することで年間72000円も変わってきますよ。

あんまりバイトをしない人からして72000円というのは、1ヵ月の給料分くらいではないでしょうか?

 

今まで交通費や働ける時間について考えたことが無かった人は、今一度考え直してみてください。

そして、年間で何円変わってくるのか計算してみて下さい。

 

しゅんてん

ちなみに交通費は103万の壁に含まれませんよ!

 

 

1日2つのバイトを掛け持ちする

ここら辺は体力勝負になってきますが、Wワークは最高に効率がいいです。

何が効率良いかというと、1つのバイト先だけですとほとんどの場所が1日9時間(内休憩1時間)くらいが限度でしょう。

8時間×週2×4=64時間

 

しかし、ダブルワークをしていた場合、最大18時間も働けちゃうわけですw

流石に18時間はやりすぎなので、夕方までに6時間・夜6時間の計12時間くらいとしましょう。

12時間×週2×4=96時間

 

32時間も変わってきます。32時間も増えるなら週4から週3に減らすなどしても給料はそのままですね。

学生の1日休みは、がっつり遊ぶか、がっつり働くかメリハリをつけた日にしてほしいです。

たくさん遊ぶためにも、稼ぐ日はWワークをして効率よくお金稼ぎましょう。

 

 

 

新しくバイトを始めてお祝い金を狙う

 

実は、バイトを始めると「数万円のお祝い金が貰えるサイト」というのがたくさんあります。

バイトルやタウンワークを使っていては貰えませんよ?

 

知名度は低いですが、その分、求人広告掲載料も安いので、小さい会社でも求人広告を出しています。

なので「掘り出し物のレアバイト」なんかが眠っているかも・・・!?

詳しいことは別の記事にまとめてあるので、こちらをご覧ください。

バイトを始めるだけで〇〇万円??おすすめの怪しくない求人サイトまとめ!

続きを読む

 

 

夜遅くまで営業している店を狙え!

 

当たり前ですが、夜遅くまで営業している店のほうが働ける時間はグッと増えますね。

飲食店は比較的遅い時間までやっていますが、他の業種だと20時とか21時に閉店のお店もありますからね。

 

おすすめは、飲食店の中でも遅くまで営業している「居酒屋バイト」です。

大体23~24時くらいまではやってますので、終電までミッチリ働けます。

 

20時閉店と23時閉店じゃ1日3時間も変わりますからね!

3時間×週3×4=36時間

 

びっくりするぐらい時間が変わってきますね。

終電まで働くのは大変かもしれませんが、1か月で36時間も変わってくるなら終電まで働いて土日は休むなどといった生活リズムもいいかもしれません。

 

 

 

まかないが無料で食べれる店を狙え!

 

ちょっと話が変わりますが、節約することは実質的に稼ぎが増えたのと同じことになります。

バイト前・バイト終わりに間食をしていた場合。

間食代500円×週3×4=6000円

 

まかないが出れば間食代も浮きますので、実質的には6000円多く稼げたような感覚になりますね。

しゅんてん

飲み会2回分!!

 


 

以上で、バイトで効率よく稼ぐ方法でした。

特に、おすすめしたいのは

  • 学校の近くでバイトすること
  • バイトを始める時にお祝い金が貰えるサイトを利用すること

 

この2つは必須です!

たくさん遊ぶためにも効率よくバイトをして、遊ぶ時間を作りましょう。

 

大学生が読むべき記事

 

通学中の電車・ちょっとした待ち時間・授業中の暇つぶしはこれ!

【全て無料!】0円で映画・ドラマ・アニメを見るサービスまとめました!

続きを読む

 

みんな気になる103万の壁。それを潜り抜けて稼ぐには・・・?

絶対に103万に含まれないバイトとは?学生がバレずに稼ぐ方法

続きを読む

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください