節約志向になると人生は確実に豊かになる。

 

 

 

この記事の3行要約
  1. 貯金もせず節約もせずお金を使っているあなたへ
  2. 今1度お金の使い方を見直すことで
  3. ちょっとした幸せがたくさん舞い降ります。

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

あなたは月々どのくらいお金を使っていますか?

バイト代が8万円だとして、7万・8万円も使っている人もたくさんいるのではないでしょうか。

 

確かに欲しい服を買ったり飲み会に行ったりしていたらそれくらい使ってしまうかもしれません。でも、「お金を使うことって本当に幸せなのか」

少し疑問に思ったので考えてみました。

 

ちなみに僕も少し前まではお金を気にせず使いまくっていました。

 

お金があることは幸せ。でもお金を使うことは幸せなのか?

 

 

僕はお金が大好きで毎日お金の事について考えています。

いつも思うのは「お金がないと幸せにはなれない」と思っています。

 

お金があることによって生活は豊かになります。

食生活・趣味・恋愛 何をするにもお金が必要でお金があるほうがいいサービスを受けることが出来ます。

 

なのでお金は人々の生活を豊かにするうえで絶対に必要です。

 

 

ですがいくら余裕があるとはいえお金を必要以上に使うことって幸せではないと思うんですよね。

 

 

節約生活をしているからこそ分かるささやかな幸せ

 

先ほども言いました僕は現在節約月間ということでかなり切り詰めています。学校・バイトでのご飯は1食300円ほど。飲み会はまだ1回しか行ってません。

 

服もバイト用のスニーカーを買っただけで今月は私服を1着も買っていません。

そんな節約生活を送っている僕があることに気づきました。

 

 

僕は週1くらいでガッツリブログに取り組める時間を作るようにしています。この記事を書いている日は朝から晩まで暇でずっとブログを触っています。

そんな日にはささやかな楽しみとしてファミマのアイスカフェラテM(180円)を飲みながら作業をしています。

 

ほとんどの人からすると僕の楽しみは理解しがたいかと思います(笑)

学校などで喉が乾いたら気兼ねなく買えるものですし気兼ねなく買える値段ですからね。

 

なぜこの180円のカフェラテが幸せに感じるかというと「日頃に我慢をしているから」なんですよね。

 

普段から節約を意識して無駄なものは買わないようにしているからこそ

この180円というちっぽけなカフェオレが僕にとっては贅沢に見えるんです。

 

 

お金を節約することは幸せかどうかは分からない

 

 

今回のケースは僕が節約生活をしていて、普段から我慢ばかりしているから180円のカフェオレで幸せを感じたというパターンです。

ここである疑問が生まれます。

 

普段から我慢ばかりする節約をすることは幸せなのか?

???

 

ごもっともな意見です。カフェオレで感じるための幸せと普段から我慢をするというストレスを天秤にかけた時、普段から我慢することによるストレスのほうが重いと思います。

なので節約は「我慢をしてもストレスを感じない程度」にとどめるべきですね。

 

僕にとって普段の食費を削るのは苦とは思いません。コンビニで無駄なモノを買うのを控える・間食を減らすのは簡単で大きな節約効果があります。

 

今回意識して欲しいのは、「無駄遣いを続けていると小さな幸せに気付きにくくなるということ」です。

 

普段から毎日のようにスタバを飲んでいたらそれが当たり前になっていき、特に何も感じることなく500円のドリンクを買ってしまうことでしょう。

ですがスタバに行くのが月に1回であったら何を飲もうか迷う楽しみ・インスタに投稿する楽しみなどなど色々出てくるかと思います。

 

 

お金があることはとても幸せなことで、お金を使えるというのも超幸せなことです。

 

散財・無駄遣い・浪費をしているとこの幸せに気付きにくくなってしまいます。お金を使うことは悪くはありませんが、今一度お金を使えることの幸せを考え直してみてはいかがでしょうか。

 

 

併せて読みたい記事

給料日まで乗り切るための大学生におすすめする金欠対策

続きはこちら

 

【脱金欠大学生】節約に繋がるお金の使い方を考えてみる

続きはこちら

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください