初心者が古着のオンラインショップを作ってみた結果は?|稼げた金額・かかった費用も紹介

 

オンラインストア 作ってみた

 

 

ZOZOTOWNやAmazonって、多分見てる人全員が知っていますよね。

Amazonでは揃わないものが無いですし、ZOZOTOWNでは様々なジャンルの服を買うことが出来ます。

 

実はああいったオンラインストアは、誰でも1分あれば作れちゃうんです。

 

今回は、僕が実際にオンラインストア作ってみて、どんな感じだったかを紹介したいと思います。

 

 

 

オンラインショップを作ってみた感想

興味があるなら楽しめる

 

古着のオンラインショップをやってみた素直な感想として「楽しかった」というのが思うところです。

経営者になりたいとまで思ったことは無いですが、お店を経営するのってなんか楽しそう それくらいの気持ちだったら楽しくできると思います。

 

僕の場合は古着販売ということで、近くのリサイクルショップや古着屋をめぐり自分のお店で販売する商品の買い付けをしました。

  • 服を買い付けに行く楽しみ
  • 商品をいくらにすればプラスになるのか
  • どうやって写真を撮れば購入意欲を高められるか
  • SNSで知名度を上げるにはどうしたらいいのか
  • 服が売れた時の喜び

 

 

いろいろなことを考える楽しみがありました。

なんといっても、自分が販売した服が売れたときはめちゃくちゃ嬉しいです。お金も入るし自分のセンスを認められている感覚が得られるから。

 

  • 服が好き
  • お店経営を体験してみたい
  • お金が欲しい

 

そう思うならきっと楽しくお金を稼ぐことが出来るでしょう。

気になったは、この記事の後半でお店の開き方を紹介しているので下のボタンからジャンプしてみてください。

「お店の開き方」へジャンプ

 

 

運営にかかる費用

 

オンラインショップを開いてみていろいろなところにコストが掛かることを知りました。

 

  • 商品を購入する費用
  • 買い付けに行く時の交通費
  • 商品の手入れをする費用
  • 購入者へ送るための送料
  • 発送する際の梱包費
  • 自分が働いている時間の人件費

 

こういったコストを考えて、商品に値段を付けないと赤字になってしまいます。

 

少し具体的な例を出しましょう。

まず、商品を買いに行くために車で出かけます。(ガソリン代500円)

古着屋でシャツを3点購入します。(各2,000円)

シャツを布や段ボールで梱包します。(200~300円)

シャツを発送します。(1件500円ほど)

 

この時点で

500+6,000+200*3+500*3=8,600円

掛かっています。

 

???

じゃあ1個3,000円で売れば、3点で9,000円でプラスになる!

って思うかもしれませんが、自分が働いているので人件費も掛かります。

この一連の作業で3時間かかっていたらなら、400円(9,000ー8,600円)があなたの人件費となります。

これだったらバイトしたほうが良いですね。(笑)

 

この場合ですと、時給1000円として3,000円の人件費が掛かることを頭に入れて、11,600円以上の価格で販売しなくてはなりません。

だから1枚当たり4,000円~5,000円ほどの価格が利益が出る価格ですね。

 

こういったことを考えるのも、意外と楽しいです。

 

 

稼げた金額

 

僕も結構頑張ったので、お小遣い程度の金額は稼げました。

大体4~5カ月くらいかかりました。

 

毎日オンラインショップの作業をしていたわけではないですが、運営費などを考えると時給に換算すれば1,000円は切っていたかと思います。

ですが、バイトをしながら空いた時間でこういったお小遣い稼ぎができれば、かなり嬉しいですね。

 

もちろんどんどん続けていき、SNSでフォロワーさんが増えていけば、それに応じて買われる確率も高くなりますし、慣れてきて効率も良くなると思います。

結局、何事も続けることが大切ですね。

 

稼ぎを増やすには、仕入れ費を安くしたり、商品を高くしたり、作業時間を短くしたりといろいろとやり方はあります。

 

 

やるべきかやらないべきか

 

もしも、少しでも面白いと思ったならやるべきです。

お金が欲しくて服が好きなら、まずは1度やってみても良いと思います。合わなかったら他の方法はたくさんありますから。

ただお金が欲しいだけなら、あまりおすすめできません。やっぱり服が好きじゃないとブランド名などもいちいち調べなくてはならないので、なかなか大変です。

 

とはいえ、オンラインショップを作るのは無料なので、気になるならやってみればいいと思います。


無料でオンラインショップ開設する

 

オンラインショップの作り方

 

オンラインショップはBASEで開設できます。

開設費・維持費がかからないので1番おすすめです。

 

下の画像かボタンをタップしてください。


オンラインショップを開く

 

そしたら、この3つの項目を埋めましょう。

メールアドレスとパスワードはそのままですね。

 

ショップのURLはこういうやつですね。

お店の名前とURLが一致すると、ユーザーから分かりやすいのでおすすめです。

(例)

お店の名前:uniplo

お店のURL:https://uniplo.thebase.in.

 

 

 

これでショップの開設は終了です。

 

詳しい設定などは別の記事で紹介していますのでよかったらどうぞ。

 

 

お金関係の読むべき記事

 

大学生が手軽にできるバイト以外のお金稼ぎについて|実際に稼いだ金額も紹介!

 続きを読む

 

 

【超お得!】ゾゾタウンのクーポンの使い方と1円でも安く買うための秘訣

 続きを読む

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください