【違法?】103万円の壁に入らないバイトとは?実は手渡しでもバレますよ。

 

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

お金が欲しい!!!!

 

大学生になるととにかくお金が欲しくてバイト三昧になっている人は多いかと思います。僕もその1人で大学1年生のころは最高月収17万円を叩き出しました。

バイトをするのもいいのですが、バイトをしすぎているとぶち当たる壁がありますね。

 

そう、103万円の壁。

 

当時の僕はこの衝撃の事実を知ってかなり悩みました。だって大学2年の9月くらいの段階で90万円超えてましたから・・・。

そして、どうにかして103万に含まれずにお金を稼げないか色々調べてみたので、今回は僕が調べたことすべてを紹介したいと思います。

 

言っておきますが103万円以上の収入があるにもかかわらず申告しないのは脱税ですからね!!かならず確定申告をおこなってください!!!

これだけ言っておけば大丈夫。さあ行きましょう!

 

103万円の壁とは何か?どうやったら税金が掛かるのか?

 

まず103万円の壁についてしっかり理解しておきましょう。

103万円の壁というのは税金が掛かるかどうかのラインのことで、所得が103万円を超えると税金が掛かります。

そして、103万円の壁は

  • 38万円の基礎控除額
  • 65万円の給与所得控除額

 

を足した控除額の事です。

 

38万円の基礎控除額というのは所得(給料・副業での収入)がある人すべてに設けられる控除で、どんな収入でも38万円までは非課税ですよ、といった制度です。

65万円の給与所得控除額というのは給料所得(バイト・パート)での所得は65万円までは非課税ですよ、といった制度です。

アルバイトしかしてない人にとっては38万円+65万円=103万円までの所得は税金掛からない、ということです。

 

 

騙されるな!治験バイトは税金が掛かるよ。

 

「103万 ばれない」などで調べてみたときに治験は103万に入らないとか書いてある記事がいくつかありましたが、治験は税金が掛かりますよ。

 

治験で貰えるお金は治験協力費(負担軽減費)という種類のもので、こちらは雑所得に入ります。雑所得の税金が掛かるラインというのが、

  • (1)給与が1箇所でも、雑所得などが20万円超ある人
  • (2)給与が2箇所以上なら、従たる給与と雑所得などの合計が20万円超ある人

 

は確定申告が必要になり、

①195万円以下:所得金額x5%
②195万円超330万円以下:所得金額x10% – 97,500円
③330万円超695万円以下:所得金額x20%- 427,500円

 

195万円以下の場合は5%の所得税が掛かります。

  • 今年度中のバイト先は1つで、治験で20万円稼いだ人
  • 今年度中のバイト先が2つ以上で、給料所得と治験所得が20万を超える人

 

は確定申告が必要になり、5%の税金を払う必要があります。

しかし基礎控除額が38万円まで効きますので、38万円を超えない限りは20万円を超えても課税はされません。(確定申告は必要です)

 

結局、治験のバイトも103万のうちに入るバイトですので意味がありません。他のサイトに騙されて103万を超えてしまったなんてことが無いようにお気を付けください。

ですが、治験自体は6日で10万円とか稼げるステキなバイトなので、まずは無料登録をして近くの治験情報を集めましょう。



手渡しの派遣バイトならできる?本当に大丈夫なの?

 

結論から言うと、手渡しの派遣バイトでも非常に難しいです。

まず、派遣会社というのは人を雇う段階で書類などを書かせるのでその時点で、あなたが働いているという情報は国にバレています。

そして給料を手渡しにしたとしても、渡したという事実が書類に残っていれば足が付きます。

 

手渡しだからバレないなんて安易な考えはやめたほうがいいです。調べればいくらでも足が付きますから。

ですが、1大学生が数万円余分に稼いだところで国が動くかというと、そうとも限らないという話はありますね。そのため確定申告が過ぎても通知が来なかった、だからバレてない!と思っている人は多いと思います。

そうなると運が悪ければ催促のお手紙が届く可能性も十分にあり得るので、リスクが高い選択肢です。

 

手渡しでバレないことを考えるならば、最低でも何かしらの書類を書いていないというのが条件になります。

ただ、そうなってくると給料がもらえなかったとしても雇っていたという証拠が無いので逃げられる可能性もありますし、けがをした際に保険が下りないなんてこともあり得ます。

国を騙して脱税をするには大きなリスクが伴うことを忘れないでください。

 

 

僕が知っている中でバレなそうなバイトの種類

 

①.知り合いのお店で手伝ってポケットマネーから給料をもらう

 

これはほぼ100%バレないというかカウントされない方法です。イメージはおばあちゃんにお年玉をもらう感じですね。これならいちいち確定申告しないですからね。

知り合いのお店で働かせてもらってお小遣いとして、知り合いの方のポケットマネーから貰えば問題はありません!

お店の売り上げから貰っても大丈夫だとは思いますが確実なのはポケットマネーから貰うことです。

 

僕が以前やっていた「パチンコの打ち子バイト」なんかはこれに当たりますね。

パチンコの打ち子バイトは違法なのか?元打ち子が裏側を教えます。

 

②.パチンコ・競馬などのギャンブル系

 

確実に稼げるわけではないのですがパチンコ・競馬などのギャンブルは絶対に足が付かない収入源ですね。

競馬・競艇・競輪などは1回の当たり額が一定額を超えると、窓口でお金の受け渡しになりその時に足が付く可能性がありますが、数万円くらいの勝ちであれば機械を通すだけなので大丈夫です。

パチンコ・スロットに関しては全然OKですね。逆にパチンコの収支を確定申告している人は見たことがありません・・・。

 

③.交通費は103万に含まれない

 

これは確実にホワイトな103万に入らない収入です。詳しくはこちらの記事を参照してください。

103万に入らないバイトは?法律を守りつつ103万の壁を超える方法。

続きを読む

 

最後に

 

納税は国民の義務ですので逃げることは許されません。必ず確定申告をし、自分に合った納税額を支払いましょう。

 

バイトを探すならここ!お祝い金があるおすすめの求人情報サイト3選

続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください