トートバッグに必須!最強の中身整理アイテムはこれだ!

 

 

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

あなたは普段何を持ち歩いていますか?

僕は学校に行く時は

  1. 筆記用具
  2. 教科書
  3. お茶
  4. 財布
  5. キーケース(定期が入ってる)
  6. ティッシュ
  7. ハンカチ
  8. モバイルバッテリー
  9. 香水
  10. (タオル)
  11. (マフラー)
  12. (折り畳み傘)

を持ち歩いています。

どれも必需品なので欠かすことが出来ないのですが、これだけいろいろなものを入れてるとカバンの中身がごちゃごちゃしてくるんですよね。

 

特にこういったキャンパス生地のトートバックを使う時、最初はきれいに入れるんですが学校に着くころにはほぼ100%中身がぐちゃぐちゃになってます。

 

キャンパス生地のトートバッグは大学生で使ってる方は多いと思いますが、内ポケットが無いものだったりポケットが小さいものだと動いているうちにどんどんぐちゃぐちゃになっていき、だらしのない中身になってしまいます。

さらに言うと財布やキーケースを入れていると他の物と当たって表面に傷がついてしまうのです。僕は財布だけは頑張って良い物を買ったので何とかしてこれを防げないかと考えてみました。

 

僕の実践した方法と最強の整理アイテムを紹介します。




 

しゅんてんが試したカバンの中身整頓法

 

収納の多いカバンを選ぶようにした

 

話が変わってきますがまず根本的にカバンを選ぶ段階でどこに何を収納するのかある程度考えてから買うようになりました。

やっぱりデザイン性だけで選んでいるの収納が無いものも多いのでデザインと利便性のバランスを考えましょう。通学、通勤では毎日使うようなものなので利便性の比重を高めにしたり、たまに行くちょっとしたデートに使うようなカバンはデザイン性を重視したり。

 

 

こちらは買う段階で外のファスナー付きポケットに財布とキーケースを入れて大きいポケットに教科書類を入れています。これで財布とキーケースが痛むことなく整理整頓もばっちりです。

 

クラッチバッグをトートバッグの中に入れる

 

次に思いついたのはトートバッグの中にクラッチバッグを入れるという方法。そしてトートバッグの中に財布やキーケース、小物を入れてみるという方法。

結構いい感じに見えるんですがまず見た目がダサい。元々中に入れるものではないので合わないです。そしてちょっと重い。使っていたクラッチバッグがレザー調だったので少し重く、肩こりなどに繋がります。

最後に取り出しにくい。カバンの口が折り畳み式だったので開けにくく物を取るのにいちいち煩わしかったです。

クラッチバッグの種類にもよりますが、どちらかといえば適してないですねやっぱり。

 

100均で買ったポーチを仕切りにする

 

これは中々良い感じです。今時の100均にはサイズもデザインもさまざまな商品があってポーチも同じことが言えます。

ポーチ 100均 ダイソーの小物入れケースは機能性からデザイン・レザーまで種類豊富だった~!

 

ポーチと言われると女性色が強いように見えますがメンズ向けのシンプルなデザインやレザーのものもあるので全然気にしなくて大丈夫です。

複数のポーチを駆使して、財布を入れたり、イヤホン・鍵・ティッシュなどの小物をまとめたりすることでかなりきれいなバッグの中身になります。

 

最強のトートバッグの中の仕切りアイテム「バッグインバッグ」


クラッチバッグで満足しなかった僕はバッグインバッグと呼ばれるモノを見つけました。

文字通りバッグの中に入れるバッグのことで、このバッグインバッグには様々なサイズの収納ポケットがついていてカバンの中身をめちゃくちゃ整理整頓してくれます。

使用例がこちら

一番大きなポケットはA4サイズのプリントも入るのでファイル代わりにもなります。さらにシャーペン、ボールペンを差すところがあるので筆箱もいらない!?そして左から財布とキーケースを入れたらもう完璧。小物は制覇しました。

さらに言うとこちらのバッグインバッグを仕切りとしてトートバッグを2等分にすることで教科書の整理整頓をすることが出来ます。

 

実物がこちら。

f:id:shuten123:20171024050502j:plain

Amazonの商品紹介によると

●さまざまなツールを効率的に、収納、携帯できるバッグインバッグです。
●メインポケットには提案書などの書類を収納できるフォルダーを付属しています。
●紙書類を収納しても傷めず安心です。
●メインポケットには13インチの薄型ノートPCが入ります。
●ポケットはタブレットPCやスマートフォンなど出し入れが多いものを取り出しやすい配置にしています。
●フラップの取り出しやすい位置にファスナーポケットが付いています。
●煩雑になるケーブル類や小物類もすっきり収まります。
●ペン、ケーブルが収納できるバンド付きです。
●よく使うペンやケーブル類を素早く出し入れできます。

 

僕が気に入った点は

  • スペースがたくさんあるので財布だけ別にしまえる
  • チャック付きの収納部分がある
  • 持っているカバンにジャストフィット
  • ごちゃごちゃしないので気持ちがいい
  • バッグインバッグ自体を仕切りとして使える

 

って感じです。学校に行く時、仕事に行く時、旅行に行く時、どんなタイミングにでも役に立つと思います。バッグインバッグという言葉自体、知名度がないと思うのでこの記事をきっかけに知ってくれる人がいたらいいなって思いました。

 

おすすめのバッグインバッグ

インナーバッグ 縦A4

こういったリュック用のバッグインバッグは「インナーバッグ」と呼ばれています。

リュックの中も収納スペースは多くて1つの場合が多いですよね。荷物が多ければグチャグチャにならないですが荷物が少ないとどうしても動いてしまいグチャグチャになりがちです。

とはいえサイズがあればトートバッグでも使えますね。しかもしっかりしたインナーバッグなのでカバンを自立させることもできます。

 

おすすめポイント!
  • ポケットがたくさんあるので収納は完璧
  • カバンを変える時もこのインナーバッグを変えるだけで荷物を移せる

 

インナーバッグを移すだけで荷物が移せるのはかなり楽ですね。僕はなるべく連続で同じカバンを使わないようにしているので入れ替える手間が省けるのは嬉しいです。

 

Precthings バッグインバッグ 

こちらもバッグを自立させれるバッグインバッグです。収納スペースは何と18個。ポケットが多すぎてどこに何を入れようか迷ってしまいそうです(笑)

 

フラットなバッグインバッグ

こちらはかなり薄手のバッグインバッグ。写真を見て分かる通りカードや通帳を入れるくらい薄手です。

手帳・ペン・スマホなどの薄い物をまとめたいときにぴったりです。

 

 

 

併せて読みたい記事

通勤・通学電車での暇つぶし方法6選。勉強からお金稼ぎまで大公開!

続きはこちら

 

【1年半で40万円貯めた】大学生におすすめの節約方法!

続きはこちら

 

 

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です