元店員が教える【ビッグエコーで1番安く済む割引・クーポン】

 

 

 

 

しゅんてん

どうも。カラオケマスターしゅんてんです。

 

僕は、大学受験期に週2日ほどカラオケに通っていました。大学に入ってからも月に5回くらいは通い続けています。

歌のクオリティはあまり上がっていませんが、カラオケ店のシステムは完璧に理解しました。

 

僕は以前やりたいバイトまでの繋ぎとしてビッグエコーで4ヵ月ほどアルバイトをしていました。一応、一通りの仕事はやって色々なお客さんを見てきました。

 

そんなカラオケ大好き&元ビッグエコー店員がビッグエコーにまつわることクーポン情報をすべてお答えします!

 

ビックエコーはどの割引・クーポンが1番安く済むのか

 

しゅんてん

早く知りたいのと思うの結論から言います!

 

他のサイトではJAFやらイオンカードで30%オフクーポンが貰えるから登録してね!としつこく書いてあるようですが、そういったクーポンは会員料金と併用できないものばかりです。

会員料金が約33%オフ・クーポンが30%オフなので、クーポンを使わずに会員料金を利用したほうがお得です。

1番安く済む方法は

 

  • 学生でない方は【会員料金+公式ホームページの会員価格と併用できるクーポン】を使う。
  • 学生の方は【学生料金で利用する】

 

 

です。30%オフという言葉に騙されて色々なカードや会員にならず、ビッグエコーのアプリを取って会員料金で利用しましょう!

なぜこの方法が1番安いのかは後述してますので読み進めてください。

 

 

すぐに使えるビッグエコーのクーポン・割引

 

ビッグエコー公式サイトにクーポンあり!

 

意外と見落としがちなのですがビッグエコーの公式サイトのクーポンが掲載されています。

 

クーポン内容
  • 1ドリンク室料から10%OFF
  • ドリンクバー付き室料から総額5%OFF
  • 会員割引とも併用可能

 

会員割引とも併用可能というのは大きいです。期間中何度でも利用できるので是非使ってください。

ビッグエコー・クーポンページ

 

ビッグエコーの会員登録は必須。学割は最強の割引方法!!

会員料金になると約33%オフ!!

 

ビッグエコーでは料金形態が一般料金・会員料金・学生料金の3つに分かれています。

 

  • 学生料金は学生証を提示した場合の料金。大学生も学生に含まれます。
  • 会員料金はアプリの会員証を提示した場合の料金。
  • 一般料金は学生でも会員でもない場合の料金

 

ビッグエコー中目黒店の平日のお昼30分料金を例に見てみると・・・

会員料金・・・190円(205円税込)
一般料金・・・253円(273円税込)

 

1時間当たり68円お得ですね。無料の会員登録で数100円安くなるならやるしかないですね。

 

会員証付きのアプリはこちらからどうぞ

Google Play はこちら   App Store はこちら

 

ビッグエコーの学割は63%オフ!!?

 

またまた中目黒店を例にしてみます。

 

学生料金・・・95円(102円税込)
一般料金・・・253円(273円税込)

 

しゅんてん

学生料金やばすぎぃ!

 

なので、学生の方は必ず学生証を持っていきましょう。忘れてしまった場合は、基本的に学割を受けることはできません。

 

 

定期的にお得なクーポンが無料で貰える!

 

アプリ会員専用のサービスでアプリを持っているだけでお得なクーポンが配布されます!!

 

今(4/10)ですと何回でも使える割引クーポンがあり1ドリンクの質量が10%オフになります。僕がバイトしていたころに見たクーポンはポテト無料クーポンや、誕生日月限定のパフェクーポンなど意外と豪華です。

 

無料の会員になるだけで、毎回ポテトが無料になったら最高ですね!

 

 

来店ごとにポイントがたまってお得なクーポンと交換できる!

 

こちらもアプリ専用のサービスで、受付時にアプリ会員証を見せることで1回につき1ポイント溜まっていきます。そのポイントとクーポンが交換できるというわけです。

現在(4/10)ですと10ポイントでフードクーポン(ポテト、スナック、アイスの中から1点)と20ポイントで室料30%オフクーポンが貰えます。30%オフクーポンは会員料金と併用できるのでかなり安くなりそうです。

 

無料クーポンを貰うにはこちらからアプリをダウンロードしましょう。

Google Play はこちら   App Store はこちら

 

 

BIG ECHO club DAM メンバーズカードは微妙。

 

アプリではなくカードタイプの会員証です。Edyを搭載しているので全国のEdyが使える場所でお使いいただけます。僕はカードタイプよりもアプリの会員証をおすすめしています。というのも

 

あんまりおすすめできない点
  • 入会費500円がムダ
  • 100円で1ポイント貯まるシステムは割引と相性が悪い
  • 100ポイント=500円から交換可能だが100ポイント貯めるのに1万円かかる
  • Edyは使えるがデザインがダサい

 

学生は学生料金で入るので1回の会計額はかなり少ないです。さらにヒトカラに行く人何かはもっと効率が悪いですね。

カードタイプをうまく利用するには、友達と行ったときもまとめて会計をする・割引をあまり使わない

という感じですね。

 

ビッグエコーがお得に使えるカード?「エポスカード」

ビッグエコーが加盟しているエポスカードというものがあります。部屋にパンフレットが置いてあるのを見たことある方も多いはず。

 

すごいお得そうに見えますが実はそんなにお得じゃないですし、ビッグエコーでの割引を利用するためにクレジットカードを作るのは絶対にやめたほうがいいです。

実際の料金を見ながら比較していきたいと思います。

 

エポスカードの新規入会特典

 

ビッグエコーでエポスカードに入会した場合、2つの特別特典を受けられます。

 

1.ビッグエコーでのお会計総額からご請求時に何度でも10%OFF

 

カード入会月から4ヵ月間、お会計総額から何度でも10%OFF

お会計総額なのでルーム料金、フード料金、ドリンク代すべて含んでから10%OFFされるということです。

 

他のクーポンと併用可能なので先ほどアプリのクーポンで紹介した室料30%OFFクーポンとも併用できるのです。

 

先ほど出した中目黒店に1時間滞在したとします。

30分の会員料金(205円×2)=1時間の会員料金(410円)
500円のドリンクを頼んだとして 500円+410円=910円になります。

 

ここから室料30%OFFクーポン+総額10%をすると・・・

410円×(1ー0.3)=287円
(500円+287円)×(1-0.1)=708円

 

202円安くなりました。

 

個人的には4ヵ月という期限付きで10%OFFか~といった印象。

 

 

2.店舗で入会すると当日のお会計が1000円引き

 

ハッキリ言ってしょぼいです。

たった1回の会計で1000円安くなるだけのためにカードを作るなんて、正直バカです。

 

例えば僕が使っている三井住友VISAカードは申し込んだときに最大10000円のキャッシュバックがあります。

更に学生の方は大学卒業後、自動的にゴールドカードに更新されます。

見栄を張りたい男子は是非この三井住友VISAカードを申し込みましょう。


お申込はこちら

 

 

エポスカードによるビッグエコーでの常時特典

 

〈室料〉一般料金から30%OFF or 飲み放題付きコース・プランより10%OFF!

 

これはめちゃくちゃひどいサービスだなと思いました。

一般料金から30%OFFというのは会員価格とほぼ同じです。

 

またまた中目黒店を例にすると会員価格(205円税込)  一般料金(273円税込)

273円×(1-0.3)=191円

会員価格から10円しか変わりません(笑)

 

10円のためにクレカを作るなんてあほらしいですね。

 

 

エポスカード自体はとてもいいクレジットカード

 

さんざん指摘しましたが、あくまでビッグエコーのためにエポスカードを作る場合はあまりおすすめしないということで、エポスカードを批判しているわけではありません。

エポスカードは入会費、年会費無料ですし、提携先も多いのでポイントが結構たまるタイプのクレジットカードだと思います。

 

 

併せて読みたい記事

大学生におすすめの三井住友VISAデビュープラスカードをまとめてみた

続きを読む

 

もう汚いとは言わせない。トートバッグ内の整理に絶対必要なアイテム!

続きはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください