【メンズ編】スーパー無難な大学生ファッション4選|おすすめ格安ブランドからダサいと言われない着こなしまで

しゅんてん

どうも、しゅんてんです

 

今回は、「スーパー無難な大学生ファッション」について紹介していこうかと思います。

大学1年生の方は、急激に私服を着る機会が増えて戸惑う方も多いですね。

高校生の時に買った服は正直自信がない服が多いですし、数も少ないので着まわすことが出来ません。

 

毎日同じコーデで大学に行くのは周りから変な目で見られますし、これを機に「ダサいと思われない服装」について紹介していきます。

 

 

超無難なメンズファッションコーデ4選

 

大学でよく見る無難コーデを紹介します。

この4コーデが出来るだけのトップス・ボトムス・靴があれば、組み合わせを変えて1週間分くらいのコーディネートが作れます。

この中から気に入ったものだけでも真似できるようにアイテムを買いそろえましょう。

 

白T ✖ 薄めのデニム

デニムコーデ

wearより

 

白のロング丈Tシャツとデニムに、白色のスニーカーを合わせた超定番春コーデ。

白Tデニム白スニーカーも1年中使える汎用性の高いアイテムです。

3アイテムとも必須と言っていいほど使いやすいので、揃えておきたいところです。

 

デニムジャケット ✖ ラインパンツ

デニムジャケットコーデ (2)wearより

デニムジャケットは男女年代問わず大人気のアイテムです。

白T黒いズボンと合わせれば、非の打ち所がない無難コーデの出来上がりです。

 

今回は、黒色のズボンとして「ラインパンツ」をおすすめしています。

ラインパンツとはズボンの側面にラインの柄が入っているもので、アディダスのものが特に人気です。

定番+流行りを組み合わせることで、オシャレ度アップです。

 

パーカー ✖ 黒リュック

パーカーコーデ

wearより

大学生の方は教科書やら筆箱やらを入れなくてはならないので、結構荷物がかさみますね。

そんな時は、何にでも合う黒リュックを1つ持っておくと便利です!

今回紹介する5つのコーデにも十分合うものなので、1つ黒リュックを持っておけば安心です。

 

フリースコーデ

フリースコーデ

wearより

2017年ごろから爆発的に人気になった「フリース

モコモコの生地感は相手に優しい印象を与えるとともに、温かさも抜群。冬のアウターはフリースで乗り切れます。

 

着回し抜群の必須ファッションアイテム4選

先ほど紹介したコーデにも取り入れられていたアイテムたちで、汎用性が非常に高い物を紹介してこうと思います。

 

黒スキニー

先ほど紹介した4つのコーデの内、3つがこの黒スキニーを履いています。

黒スキニーとは、黒色の細身のパンツのことで、足にピッタリ密着した感じのパンツのことをまとめてそう呼んでいます。

 


 

黒スキニーは春夏秋冬どんなコーデの時でも使えるので、必ず1つは持っておきましょう。

ネットで買うならimprovesのスキニーが安くて、シルエットも良くておすすめです!

 

白Tシャツ

こちらも春夏秋冬いつでも使えるアイテムです。

冬だと寒いと思うかもしれませんが、肌着としても使えるので2.3枚は持っておくべきアイテムです。

春・秋は白Tの上からシャツやジャケットを羽織り、夏は白Tシャツ1枚でカッコよく決まります。

 

白Tは汚れが目立つので、それなりに使ったら新しい物に買い替える消耗の早いアイテムです。

だから低価格帯のものをおすすめします。

 

白Tと言えばHanesと言われるくらい王道です!

 

 

白スニーカー

白スニーカー

白スニーカーも何にでも合います。

先ほど紹介した黒スキニーやデニムにもバッチリです。

 

おすすめの白スニーカー

白スニーカーとひとくちに言っても、モノによって雰囲気が大きく変わります!

 

もっと詳しく知りたい人は

【メンズ版】2019年におすすめしたい白スニーカー|どんなコーデにも合わせやすい

 続きを読む

 

黒のリュック

黒リュック

wearより

先ほどのパーカーコーデにも出てきた黒のリュックです。

基本的に黒色というのは何にでも合います。それは黒リュックも例外ではないです。

 

 

もっと詳しく知りたい人は

通学で使いたい おすすめ黒リュック|何にでも合う長く使える定番アイテム

 続きを読む

 

おすすめのメンズ格安ブランド

???

おしゃれをしたいけど、お金はかけたくない

そんな人のために、低価格帯のファッションブランドを紹介します。

ここら辺のブランドを押さえておけば、定番アイテムも流行りのアイテムも抑えることが出来るので要チェックです。

 

①.GU

GU

 

GUはトレンドアイテムもしっかりと用意されているので、全身GUでも今時のコーデを作ることも出来ますし、黒スキニー・デニムなどの定番アイテムも格安で販売されています。

Tシャツに関しては、セール時で400円くらいまで下がるのでかなりお値打ち。

 

ただ、安いだけのクオリティなので、全身GUだとどうしても安っぽい感じがしてしまうかもしれません。

おすすめは、全身の中で1,2アイテムをGUにするといった感じです。

GUコーデ

wearより

かなり高そうな服を着ているように見えますが、ジャケットはGUです。

公式サイトへ

 

②.RAGEBLUE

RAGEBLUE2

RAGEBLUEではおしゃれ男子っぽい服装をそろえることが出来ます。

いわゆるこういうかんじ↓

RAGEBLUE

価格帯も高校生でも手が出せるレベルなので、大学1年生の方はRAGEBLUEでまとめ買いしてみると良いですね。

公式サイトへ

 

③.H&M

H&M

H&Mは、安い価格で世界の最新トレンドのアイテムを買えることが出来ます。

ラインナップとしては、ストリート系のアイテムが多く、インスタ映えしそうな服が多いです。

ちょっと背伸びをしておしゃれをしたいけど、あんまりお金を賭けたくない人はH&Mで決まりです。

公式サイトへ

 

服を選ぶときに気を付けること

①.サイズ感が1番大事

服を選ぶうえで1番大切なのは「サイズ感」です。

大きすぎず小さすぎずのジャストサイズを見極めることが大切です。

 

とはいえ、最近はビッグシルエットといってジャストサイズよりも大きめのものをダボっと着るのが流行っているので一概にジャストサイズが良いとは言えません。

気を付けるポイントは、小さすぎないものを選ぶこと。

  • 肩幅がピチピチじゃないか
  • 丈が短すぎないか
  • 袖の長さが適切か

ここら辺は試着をして、店員さんに聞いてみるのが良いと思います。

 

②.どの服に合わせるか考えてから買う

服を選ぶときに、今自分がもっている服とどうやって合わせるのか考えることが大切です。

自分のフィーリングで気に入ったものだけを購入していくことは当たり前なのですが、その中でも自分の服に合うのかどうかというのを考えると良いです。

極端にいますとスーツしか持っていない人が、サンダルを購入したとしても使い道が無いのです。

だって、スーツとサンダルは一緒に着るのは難しいから。

 

もしもお店で欲しい物が見つかったら、ネット上でコーディネートを探して、自分の持っているアイテムで真似できるコーディネートがあれば、買っても良いですね。

とにかく初めのうちは、お洒落な人の真似をすることをおすすめします。

 

簡単におしゃれっぽくなるコーデの法則

コーデに使う色は2色まで

簡単におしゃれっぽさを出すためには色にこだわるべきです。

色を使う上での簡単におしゃれっぽさを出す方法として、「白・黒を基調に+1」がオススメです。

 

上はオーバーサイズ・下は細め

色の次は全体のシルエットの話。

上も下もダボっとしたものを着てしまうと、黒人のストリート系の人みたいになってしまうので、万人受けするとは言い難いです。

おすすめは、上はオーバーサイズのダボっとしたもの・下は細身のパンツを合わせることです。

この組み合わせはコーデの中で1番スタイルが良く見える(顔が小さく見える)ので、雰囲気が出しやすいです。

 


まとめ

おすすめアイテム

  • 黒スキニー
  • 白Tシャツ
  • 白スニーカー
  • 黒のリュック

を購入しましょう。

 

おすすめの服屋

  • GU
  • RAGEBLUE
  • H&M

で、比較的安価で、基本的なアイテム・流行りのアイテムが揃います。

 

服を購入するときに気を付けるポイント

  • サイズ感
  • どの服に合わせるか考える

で、迷ったら店員さんに聞きましょう。無難な服を探してると言えば、プロがチョイスしてくれます。

 

そして、買った服を実際にコーデするときは

  • コーデに使う色は2色まで
  • 上はオーバーサイズ・下は細め

ここを抑えておけば、雰囲気おしゃれの出来上がりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください