【名古屋市営地下鉄】通学・通勤用の定期をクレジットカードで買うためには?そのメリット・デメリット

 

 

名古屋市交通局より

 

名古屋市市営地下鉄は

  • 東山線
  • 名城線
  • 名港線
  • 鶴舞線
  • 桜通線
  • 上飯田線

の6つから構成されています。今回紹介するのは、この6つの路線から乗車・降車する人に向けた定期券のお得な買い方です。

 

定期券はクレジットカードで買えるの?

 

結論から言うと「クレジットカードで購入できる」です。

学校に行くために・バイトに行くために・仕事に行くために電車の定期券を買う人は多いと思います。その定期券はクレジットカードを使うことで、かなりお得に買うことが出来るのです。

しかし、定期券をクレジットカードで買うためには「いくつかの条件」があります。

 

クレジットカードで定期券を購入できる場所

 

クレジットカードで定期券を購入に対応しているのは、交通局サービスセンターのみです。交通局サービスセンターは、名古屋・金山・栄で営業しています。

それぞれの場所・営業時間については、名古屋市交通局のホームページから確認してください。

 

他社線にまたがる場合はクレジットカードで買えない

 

乗車駅と降車駅がどちらも名古屋市営地下鉄内であれば、クレジットカードで購入できますが、他社線にまたがる場合はクレジットカードでは購入できません。

クレジットカードを使えない時の例

栄生駅(名鉄)ー栄(名城線・東山線)で定期を購入したいとき

栄生駅は名古屋鉄道で、栄駅は名古屋市営地下鉄。

似ているようですが会社が違うため、クレジットカードで購入できません。(現金は可)

 

 

 

定期券の買い方について

①.manacaを準備しよう。

 

名古屋市交通局(市バス・地下鉄など)で発売している定期券はすべて「manaca」とよばれるICカードで発行されます。まずはこのmanacaを入手しましょう。

地下鉄駅(マナカ対応券売機、駅長室)、交通局サービスセンター、市バス車内、市バス営業所で購入可能です。大人用・子供用・無記名用・記名用など様々な種類があり、販売していない場所もあります。かならず確認してから購入しに行くようにしましょう。

 

 

②.定期券を買いに行こう

 

名古屋市営地下鉄の定期券を買える場所

マナカ対応券売機、地下鉄駅長室、交通局サービスセンター(定期券うりば)

 

最寄り駅が対応しているかをホームページで確認してから買いに行きましょう。

 

 

通学用の定期を買う場合

 

名古屋市営地下鉄では、「学生は通学通路に関わらず通学用の価格で、定期券を購入できます。

学校に行くため・アルバイトに行くため・塾に行くため・遊びに行くため、理由は何でも大丈夫です。学生と証明できるもの(学生証等)を提示すれば、どなたでも通学料金で購入できます。

クレジットカードで定期券を購入に対応しているのは、交通局サービスセンターのみです。交通局サービスセンターは、名古屋・金山・栄で営業しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください