ゼミの志望理由と自己PRでは4つのポイントを押さえよう【例文あり】

 

 

 

この記事の3行要約
  • 初めてのゼミで不安なあなたに
  • ゼミ面接で、ほぼ必ず聞かれる2つの質問に
  • 答えるための考え方を紹介

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

僕の中でゼミというのは、大学生活の中の一大イベントで、ゼミメンバーで合宿や旅行に行ったり・卒論で苦労したりと大変ながらも、やっぱり楽しいものだと思ってます。

 

ゼミによっては勉強以外の活動が活発でなかったり、普段のゼミ活動が大変すぎる場合があり人気のゼミとそうでないゼミが出てきます。

みんな楽しくて楽なゼミに行きたがるので希望者数に差が生まれ、人気のゼミは定員オーバーしてしまうことが多々あります。

 

選考の仕方は先生によって異なりますが、面接やレポート提出という方法を取る場合が多いので

 

頻出質問である志望理由と自己PRについて紹介していきたいと思います。

 

 

まずはゼミというものについて

 

 大学の教育方法の一。教授などの指導のもとに、少人数の学生が特定のテーマについて研究し、報告・討論するもの。演習。ゼミ。セミナー。デジタル大辞泉

大学のゼミとは15~20人ほどで集まり特定のテーマについて研究したり、ディベートしたりする授業のことです。

研究とかディベートと聞くとなんだか堅苦しいイメージですが全然そんなことありません。

15人ほどの少人数だからこそ生徒同士が仲良くなれ、先生との距離も近く和気あいあいとした雰囲気で授業もしています。

 

先ほども少し言いましたがゼミというのは勉強だけでなく遊びにも力を入れていて、例えば

  • 親睦会(飲み会など)
  • スポーツレクリエーション
  • 合宿旅行

 

しゅんてん

僕は4回目のゼミの時間にフットサル、6回目の授業後飲み会でした。

 

勉強もしながら、遊びも本気で取り組める。

それが「ゼミ」です。

 

 

基本的なゼミの志望動機の考え方

 

ゼミの志望理由とは、そのゼミを志望する理由です。

一般的に、ゼミの志望理由ではゼミの研究内容に興味があるというのがよく言われます。

 

しゅんてん

じゃないと志望理由はないからね~

 

じゃあ、そんなありきたりな志望理由であるゼミの研究内容に興味があるで周りを差を付けるためにはどうすればいいのか。

 

それは、説得力の強さによって、評価が変わると僕は思います。

説得力を付けることで、自分がどれだけ研究内容に対して興味があるのかを伝えることが出来ます。

 

 

ゼミの志望動機に説得力を持たせる方法

 

①.ゼミの研究内容をとことん調べておく

 

そのゼミを選ぶ=そのゼミに興味がある。じゃあどれだけそのゼミに関連する知識があるのかが重要になってきます。

 

ゼミに関連する知識というのは、「ゼミで何をするのか」「ゼミの研究内容はどういったものなのか」ということで、「そのゼミへの熱意」「自分がやりたいこと(ゼミの内容)に対する熱意がある」という証明にもなります。

 

②.「自分の興味があること」に対してどれだけ行動してるのか

 

知識ももちろんですが、行動に勝る言い分なんてありません。

 

例えば

証券アナリストになりたいから勉強しながら投資をしています 

???

保険代理店で働きたいからFPの資格を取りました

???

のほうが、本当に興味があるんだなという証明ですね。

就活などで資格について聞かれるのは、こういった理由もあります。

 

 


 

ゼミ面接での自己PRの考え方

①.自己アピールを考えるときは長所と短所を適材適所に

 

短所というと、一般的に自分の良くないところと思われがちですが、場所によっては短所は長所になります。

逆に言うと、長所は場所によっても短所にもなりえます。

 

場所というのは、今回のケースですと、入りたいゼミのことですね。

自分の入りたいゼミの特徴や雰囲気に、自分の長所を当てはめることが重要です。

 

例文

例えば喋るのが好きで良くうるさいと言われるという短所があり、介護系の仕事に就きたい場合。

「私は友人にうるさいと言われるほど喋るのが好きなので、高齢者の方とたくさんお話をして元気付けることが出来ます。」

 

こういえば、一見悪いように見えた短所も長所に変わります。

 

  • 長所=適所
  • 短所=適所ではないから適所を見つける

 

②.長所を生かすためには?

 

自分の長所をアピールするとき、ただ自分の良いところを並べるだけでは、面白みもないですし説得力もありません。

そんな時に助けてくれるのは長所にまつわる面白いエピソードです。

これは考えて言うものではないので、記憶の片隅にあるであろうエピソードを思い出しましょう。

 

例文

僕が、金融関係に興味を持ったのは、お金が大好きで大金を動かす仕事がかっこいいと思ったからです。

大学1年生の頃に、お金に目がくらんで詐欺にあったこともあります。

 

③.自分の長所が見つからない時は

 

自分の長所って、なかなか思いつかないですよね。

そんな時おすすめしているのは家族に聞くこと。特に両親。

 

これが1番簡単で確実に自分の長所と短所を知れる方法です。

 

やっぱり家族以上に自分のことを知ってる人なんていないんです。

生まれてからほとんどの時間を共に過ごしているので、あなたが思っている以上に両親ってあなたのことを見てるんですよ。

 

是非、両親に聞いてみてください。

きっとあなた以上にあなたのことを知った的確な答えが返ってくるはずです。




 

ゼミの志望理由で回りと差をつけるためには?

 

次は、ゼミの志望理由だからこそ効果的なちょっと変化球な志望理由を考えてみました。

 

ゼミの面接では志望動機よりも自己PRが重視される!

 

ゼミの面接で、重点を置くべきなのは、志望理由では無く自己PRです。

これは僕が実際に言われたことで、この考え方をしている先生はたくさんいらっしゃいます。

 

なぜ自己アピールが重要なのか

 

しゅんてん

自己PRとは別に、志望理由でも自己PRをするの??

 

自己PRについての質問もある中で、志望理由においても自己PRを入れるべきなの?と思うかもしれません。

じゃあなぜ志望理由においても自分のアピールが大切なのか。

 

ゼミは、少人数制でディベートやグループ発表の活動が多いです。

さらに授業外では飲み会やレクリエーションも行うので、ゼミの生徒同士、先生と生徒の関係はとても重要です。

 

いくら勉強が出来て、志望理由がしっかりしていたとしても、一緒に勉強・遊んでいく仲間として、輪を乱すような人物は入れたくないものです。

なのでゼミの面接では人間性が最も重要視されるのです。



志望動機に自己PRを入れた場合の具体例

〇〇ゼミではよくボウリングに行くと聞きました。僕は週2回ボウリングに行くほど好きで最近3万円のマイボールも買いました。

ちょっとふざけた感じの志望理由。

ボウリングがしたいから が 志望理由で
3万円のマイボールを買ったのが 自己PR

マイボールを持っている大学生なんてなかなかいないですし、3万円も出したとなると、ちょっとおもしろそうだなってなりませんか?(※あくまで僕の意見です)

 

○○先生は金融業界に強くてOB・OGの方も金融業界に進んだ方が多いと聞きました。僕も金融業界に興味があり、今FPの資格の勉強をしています。

まじめver。

金融に進みたいが 志望理由で
FPの資格の勉強をしている が自己PR

自分の将来がゼミの方向と似ているのは、かなり良い志望理由です。

その志望理由にFPの勉強をしているという自己PRを付け加えることで、将来について本気だと分かり、それに向けて努力していることも分かります。

 

ゼミ面接当日で必要になる心構え

 

別の記事でも、ゼミについてまとめているので、よかったらどうぞ。

 

 

ゼミ面接で緊張しないためにあがり症の僕が実践した3つの対策

続きを読む

 

【先生に聞いた】ゼミ面接で合格するための服装・マナーと質問対策

続きを読む

 

 

志望理由と自己PRの書き方まとめ

 

志望理由の書き方まとめ

  • 志望理由はテキトーでいい!
  • 自分のアピールに重点を置け!
  • そのゼミでしかできないこと、ゼミでしたいこと!

 

自己PRの書き方まとめ

  • 短所は見方によって長所になる!
  • 長所を裏付けるエピソードを使え!
  • 長所短所が分からない時は親に聞け!

 

 

併せて読みたい記事

【車持ち大学生が教える】中古軽自動車にかかる費用まとめ

 

車持ち大学生の僕が、車の良さについて実体験をもとに紹介しています!

特に彼女が欲しい・女の子と遊びに行きたい人。必見です。

続きを読む

 

【脱金欠大学生】節約に繋がるお金の使い方を考えてみる

 

憧れの「マイカー」を買うために、必死にお金を貯めました。

何か欲しい物がある人は、是非これを読んで貯金をしましょう!

続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください