節約の必須アプリ「らくな家計簿」の使い方

 

 

 

 

しゅんてん

どうも。しゅんてん(@shunten123)です。

 

僕はお金が大好きでお金にまつわる記事を色々と書かせて頂いているのですが

 

 

節約するうえで絶対に必要だと思っているお小遣い帳。そしてお小遣い帳アプリの中で最強の「らくな家計簿」について紹介していきます。

 

お小遣い帳をつけるメリット
  • 自分がいくら使っているのか分かる
  • どのジャンルにお金を使っているのかが分かる
  • 支出の目標が立てやすい

 

「らくな家計簿」が便利すぎてらくらく節約

 

iTunes     GooglePlay

お小遣い帳なんてめんどくせぇ~って思う方も多いと思いますが、金欠になるような人が苦労無しに金欠から脱することはできません。僕も最初は三日坊主でしたが何度もやり直してやっと習慣化できました。

 

僕が使っているお小遣い帳アプリはこちらの「らくな家計簿」

 

その名の通りシンプルで使いやすく、更に機能性もしっかりしている素晴らしいらくなアプリです。

 

まずはあなたの生活に合わせた設定をしよう

[ トップページ ]  →  [ 設定 ]  →  [ 設定管理 ]

 

資産グループ

これは資産の上の階層です。例えば三菱東京UFJと楽天銀行の口座を持っていたとします。その場合はクレジットカードという資産グループの中に三菱東京UFJと楽天銀行の口座が入ります。

僕は現金・銀行・カードの3つだけです。

 

資産管理

 

先ほど設定した資産グループの中に入る資産を入力しましょう。銀行だったら持っている口座・カードだったら持っているクレジットカードを。

右上の「+」から項目を追加できます。すでに入っている現金・銀行・カードをタップして名前を変更でも変えれます。

 

カード支出の反映方法

 

カードの支出を反映するタイミングをカードを使った時かカードの支払いを行った時か選べます。

僕は今の段階でいくら使っているのかを知りたいのでカードを使ったタイミングで支出に反映されるように設定しています。

 

振替支出設定

貯蓄・投資・保険・ローンは現金化しにくい資産で、給料から振替したときに家計簿内で支出として計算したい場合はONにしましょう。

僕は毎月Zaifで仮想通貨の積み立て投資を行っていて自動的に口座から引き落とされるようになっています。

基本的にはONにして支出に含めたほうが分かりやすいのでON推奨です。

 

収入分類

 

これはそのまんまで収入の種類わけです。バイトごとに分けたり、お小遣い、自分で何か商売をしているならそれも別にすると良いですね。

 

小分類機能

 

これは必ずONにしておきましょう。より細かく分類できます。

 

支出分類

 

ここがかなり重要なポイント。節約するうえでここの設定によって効果が大きくなるかどうかが決まります。

なるべくジャンルを細かくすることで何にお金を使っているのかより詳しく知ることが出来ます。

例えば

「買い物」と分類するんではなく「衣類」「生活用品」の2つに分けてみる。

「食費」と分類するのではなく「朝ご飯」「昼ごはん」「夜ごはん」「バイトでのご飯」などなど色々な分け方があります。

 

僕はこんなかんじで分類しています。

  • 共用財布
  • 買い物の支出(衣類、Amazon、日用品、100均、その他)
  • 食費の支出(コンビニ、夕食、昼食、軽食、学校ご飯、バイトご飯)
  • 娯楽の支出(旅行、ボウリング、カラオケ)
  • 必要な支出(歯医者、美容院、携帯代、その他)
  • 車(ガソリン、駐車場、高速、その他)
  • 交通費
  • その他

もう少し細かくしてもいいのですがあまり細かすぎてもめんどくさくなるしな~という葛藤に悩んでいます。

 

予算設定

 

ここも大切なのでじっくり考えましょう。先ほど分類した支出項目毎に予算を設定できます。

食費ー1.5万円
遊びー1.5万円

のような感じですね。家計簿の決済の画面からすぐに予算比(予算に対していくら使っているのか)が見れるので常にこの決済画面を意識しておきましょう。

 

繰り返し管理


こんな感じで自分のペースごとに繰り返しの出費を設定できます。光熱費・水道代などは毎月引き落とされる支出なのでこの繰り返し設定をしておけば毎回入力する必要がないですね。

僕は携帯代とZaifでの仮想通貨の積立投資を設定しています。

 

 

あとはオレンジ色のボタンから収支・収入を追加していって完成です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です