元店員が思うカラオケバイトのメリット・デメリットまとめ

 

カラオケバイト・メリット・デメリット

 

しゅんてん

どうも、しゅんてんです

 

今回は、カラオケバイトのメリット・デメリットについてです。

僕が半年ほどカラオケバイトをやってみて感じたことを、余すことなく共有していこうかと思老います。

メリット・デメリットだけなく、なぜ辞めたかなども紹介しているので、最後まで見ていってください。

 

 

カラオケバイトが気になっている人へ

カラオケバイトが気になっているけど、まだ決め手に欠けるな~って思っている人はこれを見てください!

仕事内容メリットデメリット元店員のレビューラクなお店の探し方

などなどたくさん紹介しているので、よかったら順番に見ていってください。

 

第1回:仕事内容

・カラオケバイトの評判と仕事内容|髪色・ネイル・ピアス・給料日・etc…

 

第2回:評判

・元店員が教えるカラオケバイトのメリット・デメリット ← 今ココ!

 

第3回:店員だけが知るカラオケバイトあるある

・カラオケ店員がうなずくバイトのあるある

 

第4回:バイト先の探し方

・【必見!】ラクなカラオケバイト先の探し方

 

第5回:面接

・面接で使える志望動機と当日の流れ

 

 

カラオケバイトの仕事内容

 

カラオケバイトってやってみると思っていたよりも色々なことをすることになります。

 

カラオケバイトの仕事内容をまだ把握していない人は、

ビッグエコーのバイトの評判と仕事内容|元店員が髪色・ネイル・ピアス・給料日すべて教えます

 続きを読む

 

 

を参考にしてください!

 

 

カラオケバイトのメリット

 

まずはカラオケバイトのメリットから紹介していきます。

店舗や立地によって大きく変わりすが、僕が実際に働いた店舗の話をしていこうと思います。

 

24時間営業だと深夜でも朝でも入れる

 

駅前や都会にあるカラオケ店は24時間営業のところが多いですね。

24時間営業の良いところとして、シフトの融通が利くところが挙げられます。

 

例えば、月曜日は20時くらいまで学校があって働きたくてもなかなか雇ってもらえるところが無い。

しかし、24時間営業であれば、21時~0時などといった深夜帯のシフトでも組んでもらえるので、曜日によっては入れる時間が大きく違っても安定してシフトに入れてもらうことが出来るのです。

飲食店とかだと22時とかには閉店してしまうので、21時からシフトに入れてもらえる可能性は低いです。

 

そういったシフトの融通さがとても便利です。

 

暇な時間はトコトン暇

 

カラオケバイトは時間帯によってかなり忙しさが違います。

僕が働いていた店では、

  • 平日の朝~夕方・・・激暇
  • 平日の夜・・・暇すぎない暇さ
  • 金曜日の夜・・・結構忙しい
  • 土日の昼・夜・・・かなり忙しい

 

のような感じでした。

暇なときはお客さん0人の時もよくありまして、店長がいなければサボれるのでかなり良さげでした。

みんなで駄弁っているっ時間は最高ですね。

 

 

学生のバイトが多く楽しい

 

カラオケ店は学生バイトが多いイメージがあります。

僕が所属していた店舗は田舎で駅近でもなかったですが、学生が半分くらいを占めていたので楽しいバイト先でした。

暇な時間はダラダラと話して、忙しい時はみんなで一致団結。

休みの日はみんなでカラオケに行ったり、旅行に行ったりもしました。

 

こういったことが出来るのは、学生が多いバイトだけですね。

 

 

社割でカラオケを安く利用できる

 

カラオケが好きな方にカラオケバイトはおすすめです。

学生の方は学割を使えますが、フリーターの方なんかは一般料金なのでかなり割高ですよね。

フリーターの方はかなり安くなりますし、学生の方も学割よりも安く利用できるかもしれません。

 

カラオケ代だけでなく、フード・ドリンクにも割引が効いたりするので、リッチなカラオケ生活が送れますよ。

 

 

カラオケバイトのデメリット

 

メリットの次はデメリットです。

色々なバイトを経験してみて、カラオケ店ならではのデメリットというのをいくつか紹介します。

 

酔ったお客さんの相手が大変

 

カラオケ店だとお酒のイメージは薄いですが、週末はお酒を飲むお客さんが多いです。

なので、居酒屋と同じくらい酔っ払いのお客さんを接客する必要が出てくるのです。

 

特にカラオケという盛り上がる場なので、ダル絡みが多いです。

例えば、「一緒に歌って~」「ライン教えて~」というダル絡みから、「盛り上がりすぎてドリンクをこぼす人」「吐いてしまう人」

などなど基本的にめんどくさいです。

 

忙しい時はかなり忙しい

 

先ほど暇な日はトコトン暇と言いましたが、逆に忙しい時はトコトン忙しいです。

週末の夜・土日のランチ帯はとにかく忙しいです。

ランチ帯はお子様連れのお客さんが多く、お昼ご飯をガッツリ食べながらカラオケを楽しむので、フードの注文がかなり多いです。

週末の夜は、飲み会終わりのサラリーマンが二次会として利用することが多いので、とにかくドリンクが大量に出ます。

トレンチと呼ばれるお盆にドリンクを10個近く乗せるので、かなり重いですし、階段がある店はバランス感覚も大切になってきます。

 

業務内容が多く覚えるのが大変

 

小型店ですと少人数でお店を回さなくてはならないので、1人当たりの業務内容が幅広いです。

仕事内容としては、受付・レジ・フード・ドリンク・清掃・キャッチあたりです。

僕の店では2人で店を回すことも多かったので、すべての仕事を嫌でもやる必要がありました。

大型店とかですと、キッチンの人・受付の人のように完全に分けられていることもあるので、そこらへんは要注意です。

 

 

元店員が思う良かったポイント

 

実際に働いてみてカラオケバイトをしていて楽しかったポイント・良かったポイントを紹介していきます。

 

小さい店舗だと2人シフトがある

 

僕は田舎者なので、カラオケ店も小さい店でした。そのため、バイト2人でお店を回すことなります。

何が良いって2人だから話しやすい。話し相手はお互い1人しかいないので、嫌でも話すことが出来ます。

その相手がちょっと気になっている人だったら最高ですね。

 

逆の場合は・・・・。

 

休憩中にカラオケが出来る?

 

これは会社&お店によりますが、休憩中に空いてる部屋を使ってカラオケが出来るかもしれません。

カラオケ好きな人にとって、休憩中に歌えたらどんなに忙しい日でも乗り越えられそうな気がしますね。

 

 

僕がなぜカラオケバイトを辞めたか

 

大雑把に言えばメリットよりもデメリットのほうが大きかったからやめました。

楽しいバイトでしたが、それよりももっといいバイト先があるなと思い、辞めることにしました。

 

最初は店長との2人シフトが多かった

 

これは大きな要因でした。

まず、店長とあまり性格が合わず正直好きではなかったです。バイトメンバーも店長に対してあまり良いイメージを持っていませんでした。

働き始めてすぐのころは仕事を教えてもらうために店長と2人のシフトばかりでした。

しかも、平日昼間の暇な時間帯ばかりでやることもなく、掃除ばかりさせられていました。

 

仕事内容が楽しくない上に好きではない人と2人きりというのはかなり苦痛でしたね。

 

 

あんまり時給が良くなかった

 

カラオケ店ってあまり時給が良く無いです。

都会でも良くて1000円前後。田舎だと800円900円くらいですね。

これは入る前から分かっていたことなので文句を言うのもなんですが、やっぱり働いてみると1000円と900円では大きな違いを感じます。

 

900円でこの忙しさ?やってられるか!って思う時が来るかもしれません。

 

暇すぎた

 

単純に暇すぎてしんどかったです。

この経験を通じて、程よく忙しいバイトのほうが良いっていうことを知りました。

暇な時の仕事内容としては、掃除。掃除しかありません。

 

田舎で暇な日ばかりだったので、掃除のおばちゃんになった気分でした。

こんな記事も書いているので、よかったらどうぞ。

暇すぎるバイト 楽すぎてビックリした暇なバイトBEST 5|逆につらいかも?

 続きを読む

カラオケバイトをやりたいと思ったら

 

カラオケバイトを始めたいと思った時は、お祝い金が貰えるサイト を使いましょう。

お祝い金とは・・・バイトに申し込んで採用されると数万円のお金が無条件でもらえること

 

少額でも良いから確実にお金が欲しい人は「マッハバイト

>>マッハバイトでカラオケバイトを探す<<

 

たくさんの求人を見たい人は「アルバイトEX

>>アルバイトEXでカラオケバイトを探す<<

 

 

 

カラオケバイトが気になっている人へ

カラオケバイトが気になっているけど、まだ決め手に欠けるな~って思っている人はこれを見てください!

仕事内容メリットデメリット元店員のレビューラクなお店の探し方

などなどたくさん紹介しているので、よかったら順番に見ていってください。

 

第1回:仕事内容

・カラオケバイトの評判と仕事内容|髪色・ネイル・ピアス・給料日・etc…

 

第2回:評判

・元店員が教えるカラオケバイトのメリット・デメリット ← 今ココ!

 

第3回:店員だけが知るカラオケバイトあるある

・カラオケ店員がうなずくバイトのあるある

 

第4回:バイト先の探し方

・【必見!】ラクなカラオケバイト先の探し方

 

第5回:面接

・面接で使える志望動機と当日の流れ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください