【回答例あり】ゼミ面接で受かるためのコツ、服装、マナー、質問対策

 

しゅんてん

どうも。しゅんてんです。

 

大学では少人数で特定のテーマについて研究、討論、報告するゼミナールというものがあります。いわゆるゼミですね。

ほとんどの大学生がゼミに入ることになるのですが、ゼミによって研究内容、雰囲気、先生が違うので人気のゼミ、不人気のゼミが出てきます。

 

当然みんな人気のゼミに入りたいのですが、ゼミは少人数でやるものなので定員が決まっています。そうなったときは面接や、レポート、成績を考慮してゼミに入れる生徒を選考します。

バイトの面接は何度も体験している人はいるでしょうが、ほぼ全員が初体験であるゼミの面接。

 

ゼミの面接はバイトの面接とは一味違って予想外な質問をされる場合があります。

 

そんなゼミの面接で他の学生に差を付けるためにゼミ面接の対策をしっかりと考えていきましょう。

 

ゼミ面接の季節になりました。きっと分からないことだらけで不安になっていることでしょう。僕もそうでした。

しゅんてん

この時期はみんなナーバスだね

 

でも安心してください。そんな不安も吹っ飛ぶような超おすすめなゼミ面接に受かるためのコツを教えます。

僕が言ったことを実行すれば受かるとまでは言いませんが、確実に印象は良くなります。他の生徒よりもスタートラインから1歩前に出た状態になれるのです。

あとはいかに緊張しないで面接を終えられるか。

 

すべてお教えします!

 

希望アンケート調査は超重要な目印!


 

みなさんの学校ではゼミを選ぶ際に「希望アンケート」のようなものはありましたか?

僕の学校ではまずアンケートがあってそのあとにどのゼミを受けるか本登録し、そのあとに面接がありました。

一見ただのアンケートですが実はすごい重要で本登録の結果を見たからこそ分かるコトがありました。実はこのアンケートを深く考えてみるとより受かりやすくなるコツがあったのです。

ここについてもう少し説明していきます。

ゼミ選びは心理戦!

人気なA先生、B先生。前年は定員オーバー。

無難なC先生、D先生。前年は定員より少し少ないくらい。

微妙なE先生。希望者2,3人。

こうなったとき全体の70%くらいはA先生とB先生のゼミに行きたい。

25%くらいがC、D先生。

5%くらいがE先生のゼミに行きたいと思います。

 

ゼミに定員というものがある限り、当然希望のゼミに入れない生徒が一定数います。そしてゼミに入るときには成績や面接によって決められます。

 

[baloon-line-left img=”http://shunten123.com/wp-content/uploads/2017/10/てん1_R.jpg” caption=”しゅんてん”]このゼミは面白いし内容も良いから入りたい!けど入れるか心配。堕ちたらE先生。嫌だ。[/baloon-line-left]

 

こうなるわけです。成績や面接に自信がない生徒ほどこういう志向になりがちです。

そしてこう思った成績や面接に自信がない生徒は安定を求めてC,D先生にシフトすることを考えます。

ここがすごい重要なんですよね。

 

そして本登録の結果は

C先生、D先生は定員を大きく超えて

A先生、B先生は定員前後

E先生は相変わらず定員割れ になりました。

 

たとえA先生、B先生が1番人気でもゼミの希望者数で1番人気になるとは限らないのです。

 

日本人というのは自分に自信が持てない人が多くて失敗したときのことを考えがちです。なので普通に成績が良くてよっぽどやらかさないレベルでも1番人気を避ける人はたくさんいます。

なので成績のあまりよくない僕のような人はむしろ1番人気を狙いに行くことがゼミ面接を勝ち抜くコツになるかもしれません。

※本当にこうなるかは分かりませんので自己責任でお願いします・・・。

 

先生に媚びを売りまくれ!

 

ゼミ面接を少しでも有利に進めるためには媚びを売ることが重要です。

入りたいゼミがあるならその担当の先生にどんどん媚びを売っておきましょう!

 

てん

先生に媚びを売るのって何だか気恥ずかしい・・・。

 

・・・・

 

ゼミに受かりたいならそのくらいの恥は捨ててしまえ~~~

 

といいたいところですがその気持ち痛いほどわかります。僕は先生という存在はあまり好きではなく、小中高となるべく関わらないように生きてきました。さらに周りの目もめちゃくちゃ気にするタイプで人前に出て話すのはすごい苦手でした。

とはいえ先生に媚びを売っておきたい。そんな時は・・・

 

メールで媚びを売ろう!!

 

なんでメールかって?

メールの良いところは

  • 周りに媚びを売っていることがバレない
  • 直接顔を合わせないので緊張しない
  • 手軽に出来る
  • 返事をじっくりと考えらえる
  • 名前を記入してるので覚えてもらえやすい
  • 先生の記録に残るので記憶に残りやすい

 

ってなかんじでメールでの媚び売りは慣れてない人にとってもかなりハードルが低いです。

 

良いことばかり書きましたが逆にデメリットもあります。

  • 顔を覚えてもらえない
  • 世間話などがしにくい

顔を覚えてもらえないっていうのが最大の欠点かもしれません。

ですがメールで名前を覚えてもらったうえで面接に行けば、「あっメールの子か」となるので印象に残りやすいかも?

大したデメリットにはならなそうですね!

 

それでは具体的にどんなメールをすればいいのか紹介します。

 

先生への媚びメールの書き方

 

しゅんてん

具体的にどうやって媚びを売っていくの?

 

媚びメールで重要なのはいかに「自分という人間を知ってもらえるか」です。

ゼミの先生も面接に来る人たちはほとんどが初対面で生徒のことは何も知りません。そんな状況でもし先生が自分のことを少しでも知っていたら。他の人たちよりも1歩先をいってますね!

なので媚びメールでは自分という人間がどんな人間かを少し分かるように書いてみましょう。

とは言えメールで世間話や自分語りをしても失礼ですし、ただの頭おかしいやつかと思われます。

 

なので質問+自己アピールでメールをしてみましょう。

 

質問の内容はゼミについてがベストです。その場合

〇〇先生のゼミに入りたいと思っています。1つお聞きしたことがあるのですが~

 

こんな感じでゼミに入りたいということも伝えつつ自己アピールにもつなげられます。

自己アピールについてはこちらの記事「【例文つき】ゼミに受かるための志望理由と自己PR【4つのポイント】」にまとめてあるので参考にしながら媚びメールを書いてみてください。

 

ぶっちゃけ媚びメールをする人は少数だと思うのでどんな内容でもメールをするだけでかなり印象が残りやすいです。とにかくなんでいいからメールしようメール。

 

メールのしかたはこちらの記事「【例文付き】失礼のない大学の先生へのメールの書き方」にまとめてあるので参考にしながら書いてみてください。

 

 

 

ゼミ面接中のマナーについて

 

ゼミの面接もバイトの面接や就活の面接のように身だしなみ、行動には気を使いましょう。

マナーというのは人の心が出るものだと思っています。

 

気配りが出来る人はマナーにも気を使えますし、逆に大雑把な人はマナーもテキトーになりがちです。

だからマナーがなっていればそれなりにちゃんとした人だという印象を与えることが出来ます。

 

入室時のマナー

まず、部屋に入る前に4回ノックをしましょう。

なぜ4回なのかというとプロトコールマナーという世界共通で決められたマナーの中に

ノック2回はトイレの在室確認用

ノック3回は家族、友人、恋人などの親しい中で使う

ノック4回以上は、初めていった場所や礼儀が必要な場所で使う

という風に決められているのです。ですので4回以上のノックをしてから入室しましょう。

 

そして扉を開けたら「失礼します」と言ってお辞儀をしてから入室しましょう。

ここで重要なのが個々の動作を分けて行うこと。

 

失礼しますと言いながらお辞儀をするのではなく、失礼しますと言ってからお辞儀をする。こうしたほうがよりしっかりとした印象を与えることが出来ます。

 

面接中のマナー

ここら辺は結構当たり前のことになるので箇条書きにしますね。

  • 背筋を伸ばす、背もたれにもたれない!
  • 話している人のほうを見る!
  • 目を泳がせない!
  • 手は軽く握って膝の上に!
  • ハキハキと笑顔で話す!
  • 相手の目を見る!

 

 

簡単そうに見えて意外と難しいです。これがすべて完璧に出来れば相手からの印象はかなり良いですよ。

 

1度友達に面接官をやってもらったり、ビデオを撮るなりして自分がどんな風に行動しているのか見直してみると効果的です。

 

退室するときのマナー

入室と同じです。扉を開けたら面接官の方を向き、ありがとうございましたと言ってからお辞儀をしましょう。

 

 

 

ゼミ面接はどんな服装?スーツ?

 

よく、ゼミの面接はスーツで行ったほうがいいの?

と質問する方がいらっしゃいますがゼミの面接なのでそんなに身構えなくても大丈夫ですよ

 

だってバイトの面接だってスーツで行かないですよね?

それと同じです!

ただ、あまりにも派手な服装や不潔な服装は避けましょう。あと室内なので帽子やコートは脱ぎましょう。ここら辺は当たり前なので出来て当然です。余計なところで減点されないように心掛けましょう。

あえてスーツで行くという人もたま~~~に見ますが個人的にはノットグッドだと思います。だってそんな事したからといって何がすごいの、って感じです。

ただただスーツを着るだけ。誰にでも出来ます。集団行動が出来ないのかな?と思われるかもしれません。

 

そんなところで差を付けるのではなくてあなたの人間性で差を見せつけましょう。

 

面接で緊張しないためには

 

やっぱり初めての体験なので緊張してしまいがちです。緊張っていうのは判断力を鈍らせたり焦りに繋がったりと良いことがありません。

緊張するかしないかだけで面接での気楽さが大きく変わってくるのでしっかりと緊張対策もしておきましょう。

しゅんてん

余談ですが、しゅんてんは緊張をほぐそうと思い一緒に面接を受けていた人の話をガッツリ聞いて笑っていたら質問内容がぶっ飛びました。

 

深呼吸をしよう

 

緊張するとどんどんと心拍数が上がっていき、緊張しているという気持ちが強くなっていきます。

そんな時は深呼吸をして心拍数を落ち着かせて気持ちも落ち着かせましょう。

1.楽な姿勢で座る
2.片手をわき腹のすぐ下のおなかの上におく。もう片方の手は胸の上に。
3.鼻から深くおなかの上の手が持ち上がるくらい息を吸い込む。胸は動かさない。
4.口笛を吹くようなすぼめた口から息を吐く。おなかの上の手でおなかが引っ込むのを感じながら息を完全に吐き出す。
5.これを3回から10回繰り返す。ゆっくりとしたペースで行う。

マイナビウーマン

 

事前にイメージトレーニングをする

 

緊張する状況として1つ挙げられるのが、初めての体験をすることです。

人間、知らない場所、知らない人、知らない状況にはストレスや不安を感じ緊張につながります。

そうならないためにも、事前に頭の中で面接の状況を細かく想像することで脳に経験したことあることだと錯覚させることが出来ます。

僕も良くやる方法で実際に緊張感が和らぎます。

 



 

【回答例あり】ゼミ面接特有の質問対策をしよう

志望理由、自己PR

 

ゼミの志望理由、自己PRというのは必ず聞かれる質問ですので別記事で詳しく書きました。

絶対に聞かれる内容なのでしっかりと構想しスラスラと喋れるようにしておきましょう。

【例文つき】ゼミに受かるための志望理由と自己PR【4つのポイント】

 

【回答例あり】ゼミで聞かれる定番質問一覧

 

僕は金融関係のゼミに進んだのでそれをベースに回答していきます。

 

Q.ゼミで学びたいこと、研究したいことは?

A.僕は金融論の授業を通して金融業界に興味を持ち日本だけでなく海外の金融事情にも興味が出てきたので海外リサーチトリップでより新鮮な知識を得たいと思いました。

(そのゼミでしかできないことを言いましょう)

 

Q.ゼミでどんな役割になれるか?

A.僕は企画をするのが好きで先輩の送別会や旅行の日程を任されることが多いです。
周りからもそういった役割を期待されると思うのでゼミでの企画係になれるかと思います。

 

Q.普段どんな講義を取っている?

A.金融論や簿記の授業を取っています。

(ゼミに関係している科目を言いましょう。)

 

Q.所属してるサークルは?

A.学祭を企画するサークルに所属しています。

(何でもOKです。自分がどんな役割をしてるのか言えるとGOOD)

 

Q.趣味・特技は?

A.趣味は買い物で車を買ってからは週2,3でいろいろなところに行っています。

(なんでもOKです。)

 

Q.バイトは何をしてる?

A.某インテリアショップで働いています。お客様のカーテンを採寸して注文するなど会話をしながらお客様の満足いくよう作るところが面白いです。

(バイト名を答えるだけでなく、そこで何を得たかを言えるとGOOD)

 

Q.どんな大学生活を送ってるの?

A.とにかくやりたいと思ったことを手当たり次第にやっています。最近ではバイトで貯めたお金で高校生の時から夢見てたマイカーを購入し、自分の運転でいろいろな場所に行っています。

(自分が目標を立てて成し遂げたこと、今取り組んでいることを言えばOK。勉強、遊び、趣味なんでもいいよ)

 

Q.将来、どんな仕事をしたい?

A.自分のやりたい仕事はまだ明確に決まっていませんが授業をとうして金融関係に興味を持ったので金融関係のインターンなどに行って自分のやりたい仕事を探しています。

(やりたいことがあれば素直に言いましょう。できればゼミの内容に関係している仕事が良いです。)

 

Q.持っている資格は?

A.何にでも使えると思って取ったITパスポートと金融に関係しているのでFP3級を取りました。

(ここでもゼミに絡めると良い。まだ持ってない時は○○を取る予定ですと言いましょう。予定はその場で決めれば予定です。)

 

 

ゼミで聞かれるちょっと変わった質問

 

自分が実際に聞かれた質問、友達が聞かれた質問をまとめました。

こういうのは大抵内容を聞くために質問してるわけじゃなくてその場ですぐ回答できるかというところを見ています。

気楽に思った通りに答えましょう。

 

Q.100万円貰ったらどうする?

A.僕は買い物が好きなのでお店に行って値札を見ずに買い物をしてみたいです。

 

Q.あなたを色で例えると?

A.最近は赤色だと思います。何にでも積極的に興味を持ち、取り組みようになったからです。

 

Q.座右の銘は?

A.時は金なりです。

Q.ディズニーとユニバどっちが好き?

A・ディズニーです。

 

ゼミ面接で最後に聞かれる「質問はありますか」について

 

ここはやる気を見せるために何か質問をしたほうがいいと書いているサイトは多いと思いますが僕はそうは思いません。

だって本気でやる気があるなら面接する前に気になることは聞いておきませんか?

 

そこで質問するくらいなら「気になることはメールでお伺いしたのでありません。」って言ったほうが良くないですか。

 

なので僕は面接の時に質問をする必要はないと思っています。

メールもしないで無いですと答えるのはやる気がないのかなって捉えられてしまうかもしれませんが。

 

最後にゼミ面接を控えた方へ

 

僕は先日ゼミの面接を終えましたが、結果は大敗北でした。

緊張しまくって話もうまくまとまらず緊張感も前面に出ていたと思います。

 

実際に受けたからこそゼミ面接の大変さが分かって、あの時こうすればよかったなってことをまとめました。

なので皆さんがこれを読んだことで、読んでいない人よりも遙かに有利になりました。

 

ここで見たことを生かして第一希望のゼミを勝ち取ってください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です