楽な居酒屋バイトの探し方は?元店員だから分かる見分けポイント3つ!

 

 

 

 

しゅんてん

どうも、しゅんてんです

 

僕は大学に入ってから2つの居酒屋を経験し、期間的には2年近く働いています。

居酒屋バイトはやることが多くて忙しいです。

しかし、僕が経験した2つのバイト先は、「つまみ食いし放題・携帯わさり放題・シフト超自由」という神バイトでした。

 

みなさんもこういったバイト先で働きたいですよね?

 

今回は、僕が居酒屋バイトを探す際に気を付けるポイントを紹介します!

ここに書いてあることを気を付けてバイトを探すことで、楽にバイト生活を送れるかもしれません。

 

 

居酒屋バイト 完全ガイド

 

居酒屋バイトに少しでも興味がある人に向けて、居酒屋バイトのすべてをまとめました。

第1回から順番に見てもらっていけば、本当に居酒屋バイトがあなたに合っているのかが分かります。

 

第1回:仕事内容

・まずは居酒屋バイトがどんなものかを知ろう!

 

第2回:デメリット

・現役店員が教える、辛いと思う瞬間

 

第3回:メリット

・居酒屋バイトがおすすめな理由

 

第4回:お店探し ←今ココ!

・ラクな居酒屋バイト見つけるコツ

 

第5回:面接

・採用されやすくなるポイント

 

 

 

 

①.お店の席に注目する

 

①-1.お店の席数をチェックする

 

意外と見落としがちですが、お店の大きさというのはバイトの忙しさに大きく関わってきますね。10人しか入らない店と100人はいる店では全く状況が変わってきますから。

お店に何人くらい入るかというのはお店のホームページに書いてあります。

 

こちらの「塚田農場 名駅笹島店」という求人で、店舗のホームページを見てみると

総席数 102席

ということでMAXキャパが102名ということが分かります。

 

 

次に同じ塚田農場の違う店舗、「塚田農場 名駅西口店」の求人を見てみると

総席数 71席

同じ店舗でも30人以上変わってきます。

この2つのお店は場所的にも近いので、選ぶなら席数の少ない名駅西口店のほうがいいですね。

 

 

①-2.お店の席の種類をチェックする

 

席の種類も仕事をするうえで重要になってきます。

代表的な席の種類として

  • 個室 or オープン席
  • カウンター or テーブル or 座敷

 

などが挙げられます。

 

まず、個室の場合。

傾向としては、大人数の宴会と少人数の落ち着いた飲み会のどっちかが多いです。

コース料理はあらかじめ作るものが分かっているので、料理を作るのは簡単ですが、飲み放題なのでドリンク量がかなり多いです。あとは料理を提供する際に、毎回扉を開けるなどの動作が増えるので、煩わしいと思うかもしれません。

 

続いてオープン席の場合。

どちらかというと予約をしないで、ふらっと寄る人が多いです。

4~5人くらいで単品メニューを頼むので、料理は忙しくドリンクは比較的少ないのかなと思います。オープン席なのでお客さんに声を掛けられる確率が高いのと、常にみられる可能性があるので、気が抜けないかもしれません。

 

 

 

②.お店の料理のクオリティに注目する

 

キッチンをやるつもりなら、お店がどんな料理を出しているのかキッチリと知っておくべきでしょう。出来れば1度は食べに行きたいところ。

 

例えば、大学生なら1度は行ったことがあるであろう「鳥貴族」

僕は鳥貴族で働いたことないので、安易に鳥貴族のことを語ると関係者から刺されちゃいそうなので、大きな声で言えないのですが「串を焼くだけなら簡単じゃね??」なんて思うわけですよ。

 

だから鳥貴族のような「串系がメインのお店」はキッチンの仕事が比較的簡単なのかなと思います。

 

逆に、魚メインのお店で、お造りをたくさん作らなくてはならない・ダッチオーブンを使ったチキン料理など、お店のメイン料理が手間がめちゃくちゃかかっているものですと、キッチンの仕事は大変になります。

そのため、1度お店に足を運んでみて、メイン料理は何なのか・出てきた料理は写真通りか(マニュアルの厳しさを測る)など、気を付けるポイントがたくさんあります。

 

お祝い金がもらえる求人サイト【アルバイトEX】

バイトが決まると祝い金!バイトさがしはマッハバイト

 

③.キッチンがオープンキッチンなのかどうかに注目する

 

ここ、すごい重要です。

 

キッチンが客席から見えるオープンキッチンタイプですと、サボり場がありません。

もちろん休憩室などはあるかもしれませんが、気軽に行けるものではないので、サボり場には適しません。

 

理想としては、キッチンとホールが完全に分けられたお店で、キッチンに入るとすぐにちょっとした溜まり場があるお店です。それでしたら、そこで飲み物を飲んだり携帯を触ったりできますから。

 

 

 

④.お店の立地に注目する

 

バイト探しをするうえで重要なのは、立地ですね。

 

  • 自分が通勤しやすい
  • お客さんが来そうな時間
  • お客さんの数
  • お客さんの種類

 

などなど、立地をしっかりと考えることで分かることは、たくさんあります。

 

お客さんが来そうな時間帯・数を考える

 

まずは、お客さんが来そうな時間帯について考えてみましょう。居酒屋は基本的に夕方からオープンし、夜中にクローズしますね。

 

お店が夜の町と呼ばれるような立地にある場合

イメージとしては、大阪の心斎橋とかです。

ガッツリ栄えている場所にお店を構えている場合、終電とか関係なくバンバンお客さんが来ます。そのため朝までやっているお店も多いですね。

 

終電であがる場合は、お店の締め作業はやらなくて済みますね。

キッチンの掃除・ゴミ出し・明日の仕込みなどなど。結構めんどくさい仕事が多いので、締め作業をやらなくて済むのはラッキーです。

 

終電であがらない場合は、ガッツリ稼げるのが最大のメリットです。

居酒屋ですので元々の時給はそこそこ高いですし、夜の10時以降は25%アップもあります。なので、夕方から働いたとしても1万円以上余裕で稼げちゃいます。

 

お店が田舎の駅周辺・街中にある場合。

こういった立地ですと、お客さんの入数は、電車の時間や曜日に大きく左右されます。

お店の営業時間も11時ラストオーダー、12時閉店とかが多いです。(もっと早いところもたくさんあります。)

 

週末・祝日などは結構なお客さんが来ますが、平日なんかはめちゃくちゃ暇なことが多いです。あまりにも暇すぎると、シフトを削られたり早上がりになる可能性も高くなるので、稼ぎたい人は考えたほうが良いと思います。

 

お客さんの種類を考える

重要ポイントです。

お店に来るお客さんの種類は、とても重要です。

 

僕が以前働いていた居酒屋は、若者の町で学生・若いサラリーマンがメインでした。そんな立地だったためか、非常識なお客さんが多かったです。酔ってキッチンに入ってくる客・いちゃもんを付けてくる客などなど・・・。

逆に現在働いている居酒屋は、オフィス街に立地しています。お客さんも落ち着いた方が多く、バカ騒ぎするようなお客さんは1度も見ていません。

 

おすすめは、オフィス街・ちょっとリッチな街とかです。

お客さんの質は、気持ち良く働くための重要なポイントになります。特に居酒屋のようにアルコールを提供するお店では、です。

 


 

 

 

居酒屋バイト 完全ガイド

 

居酒屋バイトに少しでも興味がある人に向けて、居酒屋バイトのすべてをまとめました。

第1回から順番に見てもらっていけば、本当に居酒屋バイトがあなたに合っているのかが分かります。

 

第1回:仕事内容

・まずは居酒屋バイトがどんなものかを知ろう!

 

第2回:デメリット

・現役店員が教える、辛いと思う瞬間

 

第3回:メリット

・居酒屋バイトがおすすめな理由

 

第4回:お店探し ←今ココ!

・ラクな居酒屋バイト見つけるコツ

 

第5回:面接

・採用されやすくなるポイント

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください